勢い良く少年の腰が跳ね当たり、丸い尻たぶはたぷんたぷんと波打った

「ああっ、佑二さんっ、逞しいですわっ」
花穂子は少年を褒め称えた。平手打ちが、佑二の情欲を高めていた。肉茎は隆々と猛り、女壺のなかを埋め尽くして、ヒダ肉を容赦なく穿つ。
「奥さまの身体がいやらしいから。ああっ、吸いついて離そうとしない」
佑二が快感の声を上げる。花穂子は息子にもっと悦んでもらおうと、抽送に合わせて自らも括約筋を絞り込んだ。さらに平手打ちを請うように、卑猥な仕草で双臀を打ち振る。倒錯と背徳の交わりに夢中だった。
「上品な奥さまが、うれしそうにお尻を振るなんて。こんなお姿っ……ううっ」
佑二は抜き差しを速めた。勢い良く少年の腰が跳ね当たり、丸い尻たぶはたぷんたぷんと波打った。鋭い突き入れに、花穂子の下半身が落ちそうになる。だが佑二はしっかりと豊腰を抱えて、裸体が崩れることを許さない。媚肉はズブズブと肉茎で貫かれ、妹の手が双乳を揉みほぐす。美母はひたすら喘いだ。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!