穴をほじっていた魔指を一旦抜きとり、それに唾液をたっぷりまぶしつけた

肛穴をほじっていた魔指を一旦抜きとり、それに唾液をたっぷりまぶしつけた。それから再度肛穴にあてがい、念入りにほぐしていく。
「あ、あああっ……」
左右のヒップが魔指をキュキュキュキュッと挟みつける。
「おおっ。もうこんなので感じてるんですか。珠実先生」
鍛えあげた大臀筋の感応ぶりに、思わず頬が緩んだ。
「ち、ちがうわっ。誰がっ、そんなっ……う、あううっ……」
「そうですか」
梅崎は気丈に振る舞う珠実に鼓舞され、爪の先でカリカリと肛環をかきまわした。
「ひいいーっ!」
絹を裂く悲鳴が噴きあがった。魔指を挟んだまま、大臀筋が極限の強張りを示す。魔指を呑みこもうかという勢いだ。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!