めくるめく肉の愉悦に、焦らされていた人妻の女体は一気に頂点へと駆けあがった

人妻の柔らかい舌と甘い唾液を堪能すると、いよいよ本格的な責めに入った。
故意に浅くしていた突き上げを、容赦なく最奥に打ちこみはじめた。
「ああっ、す、すごいっ」
ドスンッ、ドスンッと打ちこまれて、志津子は歓喜の声をあげた。
「奥に……奥に当たってる……ああっ、すごいわっ!たまんないいッ!」
我れを忘れて狂ったようにしがみついてくる人妻に、
「竜二って呼んでいいぜ」
竜二が暗示をかけるように言う。
「竜二さん……すごい……すごすぎるわ……あううっ、志津子死んじゃう!あううっ、あうううっ」
爛れた膣壁を火がでるほど真珠玉が擦りあげる。亀頭の先端がグイグイと子宮口を押しあげてきた。めくるめく肉の愉悦に、焦らされていた人妻の女体は一気に頂点へと駆けあがった。
「いいっ、いいわっ!竜二さん!あううっ、たまんないっ!」
志津子は唇を開き、言葉と表情ではっきりと悦びを表していた。突きあげられるたびに戦慄が身体の芯を走り、脳の中で爆発した。肉が溶けただれ、骨の髄まで快美に痺れきった。
「イク……ああっ、イクっ!」
志津子はのけぞって喚きたてた。
恐ろしいばかりの官能の波が襲いかかってきた。
「ああっ、イクっ!イッちゃうっ!ダメええええええッ!!」
絶頂の発作にキリキリと全身を収縮させながら、志津子は男がはじけさせた熱いスペルマを子宮に感じていた。快感の波が何度も襲いかかってきて、そのたびにヒイヒイと喉を絞った。発作の収縮はなかなか収まらず、志津子はのけぞったまま痙攣しつづけた。すさまじいばかりのアクメだった。
「ふう……この女、とんでもねえ淫乱だぜ」
射精を終えたペニスを抜いて、竜二は感心したように言った。
人妻の味の良さは期待以上だった。感じまいと懸命にこらえるところも気に入ったし、一度火がつくと牝になりきってしまうのも良かった。なんといっても美人だし、そそる身体をしている。盗難車の故障はハプニングだったが、熟れた人妻の肉体という思わぬ僥倖をもたらした。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

広げた肉唇の中、膣前庭深く舌がえぐりあげる... 「ハゥン!ハヒッ!ァァアア!広海さんの舌、なめてるぅ!貴和子の……おま×こ、なめられてるのぉ!」 広げた肉唇の中、膣前庭深く舌がえぐりあげる。彩菜のよりも大きく口を開けた膣孔だから、舌先を突き込むのも容易だ。 「んぷ!……んぶぶぶ、んぼ、ちゅ!」 顔面ごと押しつけるようにして深くなめ込んでいく...
乳肉が頬を、鼻を、目蓋にまでも押しつけられ、塞いでくる... 無意識に手を伸ばし、あかりの乳房をつかんでいた。ふたつの実を一度に両手でこねあげる。揉み回す。 「ァア、ン!む、胸も……気持ち、ィイ!広海の手がさわると、あかりの胸、変になるゥ!乳首も、つまんで……吸って、噛んでェ!」 言われるのと、広海がそうしたのがほぼ同時だった。 上体を起こしてあかりの乳...
真空にした口腔に肉芽を吸いつけ、舌先でさらに突つく... 「はん!ああぁあ、だめですぅっ……気持ちよすぎて、こわれちゃいますうぅっ」 真空にした口腔に肉芽を吸いつけ、舌先でさらに突つく。よほどたまらないのか、ガーターストッキングに包まれた足の指が、愛らしくにぎにぎしている。...
晒された人妻の腋下の窪みにも、竜二の舌がナメクジのように這いずりまわる... 「あぐぐっ……ひっ……あぐぐぐっ」 志津子の腰が震えだした。 声をあげまいと必死に唇を噛みしばっている。迸りそうになる嬌声を抑えるために口を手で押さえたいところだが、両腕は昌平によって万歳の形に拘束されていた。晒された人妻の腋下の窪みにも、竜二の舌がナメクジのように這いずりまわる。 「あううー...
ふっくら艶めく唇を半ば開かせながら、情感たっぷりにわななかせていた... 「ひうううっ……ふ、深いいっ……奥まで届いてるうぅ」 目元をつやつやのリンゴさながらに上気させ、可憐な上目遣いも一途に、俊輔をじっと見つめてくるのだ。それでいてアーモンド形のぱっちりした瞳は、潤み蕩けてほとんど焦点を失っている。ふっくら艶めく唇を半ば開かせながら、情感たっぷりにわななかせていた。...
だらしなく伸びた鼻下に、引き攣り気味に息吸う開きっ放しの口腔... 轟く嬌声が、真弓の耳朶をつんざく。先に男根を突き立てられたのは、正直に声に出して懇願したナミの膣穴だった。 「はひっ、ひっ、イィ……ぶっ込まれただけで、イッちゃ……ったぁぁ……」 だらしなく伸びた鼻下に、引き攣り気味に息吸う開きっ放しの口腔。目尻から涙、口端からよだれを垂らして悦ぶ蕩け顔を間近に...
膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ... 一呼吸置いてから、もどかしいほどの挿入が再開された。膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ。 「っくぅ、お、大きいものが……お腹の中にっ、ああ、それになんて熱いのっ!」 細腰を捕まえる手が、ぐいっと引きつけを強めた。恥骨と恥骨が、べったりと密着するほ...
結合を解いてみると、珠実の肛門は無惨にぽっかり開いたままだった... 「いいっ。お尻がっ……どうしてっ……く、くううっ……あおおおっ……も、もう駄目っ、イクッ、イッちゃうっ、うっ、うっ、ううううっ!……」 細身の肢体をガクガクと震撼させて、珠実は果てる。 見届けて、奥寺は尻奥を深々と抉った。「あぐぐぐっ」という呻きを聞きながら、渾身の力で精を流しこんだ。 結合を...
いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた... 念を押すように奥寺が乳房を揉みまわす。ねちっこい手つきでゆっくり円を描き、また一回転ごとにグイッ、グイッと力を入れ直して揉んでいく。いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた。 「あううっ……く、くううっ……」 生で握ったあとも、奥寺は同様に揉みまわしていく。し...
かけ声とともに、牝芯がグリグリグリッと根元から抉りこまれた... 「よしよし。いま楽にしてやるさ。そうら……」 かけ声とともに、牝芯がグリグリグリッと根元から抉りこまれた。 「ひいいっ!ひいいいーっ!」 「そらそら、さっさとイッてしまえ。フフフフフッ……」 「イヤッ。イヤッ。駄目なのっ。あ、ひいいいーっ!」 目の前で世界がまわるような感覚に襲われた。全身...