めくるめく肉の愉悦に、焦らされていた人妻の女体は一気に頂点へと駆けあがった

人妻の柔らかい舌と甘い唾液を堪能すると、いよいよ本格的な責めに入った。
故意に浅くしていた突き上げを、容赦なく最奥に打ちこみはじめた。
「ああっ、す、すごいっ」
ドスンッ、ドスンッと打ちこまれて、志津子は歓喜の声をあげた。
「奥に……奥に当たってる……ああっ、すごいわっ!たまんないいッ!」
我れを忘れて狂ったようにしがみついてくる人妻に、
「竜二って呼んでいいぜ」
竜二が暗示をかけるように言う。
「竜二さん……すごい……すごすぎるわ……あううっ、志津子死んじゃう!あううっ、あうううっ」
爛れた膣壁を火がでるほど真珠玉が擦りあげる。亀頭の先端がグイグイと子宮口を押しあげてきた。めくるめく肉の愉悦に、焦らされていた人妻の女体は一気に頂点へと駆けあがった。
「いいっ、いいわっ!竜二さん!あううっ、たまんないっ!」
志津子は唇を開き、言葉と表情ではっきりと悦びを表していた。突きあげられるたびに戦慄が身体の芯を走り、脳の中で爆発した。肉が溶けただれ、骨の髄まで快美に痺れきった。
「イク……ああっ、イクっ!」
志津子はのけぞって喚きたてた。
恐ろしいばかりの官能の波が襲いかかってきた。
「ああっ、イクっ!イッちゃうっ!ダメええええええッ!!」
絶頂の発作にキリキリと全身を収縮させながら、志津子は男がはじけさせた熱いスペルマを子宮に感じていた。快感の波が何度も襲いかかってきて、そのたびにヒイヒイと喉を絞った。発作の収縮はなかなか収まらず、志津子はのけぞったまま痙攣しつづけた。すさまじいばかりのアクメだった。
「ふう……この女、とんでもねえ淫乱だぜ」
射精を終えたペニスを抜いて、竜二は感心したように言った。
人妻の味の良さは期待以上だった。感じまいと懸命にこらえるところも気に入ったし、一度火がつくと牝になりきってしまうのも良かった。なんといっても美人だし、そそる身体をしている。盗難車の故障はハプニングだったが、熟れた人妻の肉体という思わぬ僥倖をもたらした。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

助けてっ。お尻が壊れるっ。ひいいーっ……ひっ、ひいいーっ……... 「ひいっ……ひいいーっ……ひいいーっ!……」 一段、二段、三段と突きあげるごとに、珠実が鋭い叫喚を張りあげた。 「くそっ。これがあのケツか……くそっ……」 自分を存分に罵り倒した末、プリプリと辺りを蹴散らすようにプールから去っていった傲慢な尻を思い起こすとともに、いまその尻を犯したのだという実...
Eカップの乳房が揺れ乱れ、踊り乱れる... 静羽の両脚を抱え込むように広げながら、屈曲位に近い体位で広海が肉棒を打ち込んでいく。ドン、ドンッ!ドチュ、ドチュ、ズチュ、ズシッ、チュドッ!勢いよく出入りする肉棒が膣壁をこすり上げ、膣奥を打ち据える。 その激しさは騎乗位の比ではなかった。 突き込まれるたびに股間と股間がぶつかり、静羽の肌にさざ波...
反射的に下腹に力を込めると、肛門と指の隙間に滲む蜜液が卑しい音色を響かせ、こぼれだす... 心と身体に刻まれた肛門絶頂の感覚は、もう二度と消し去る事は叶わない。確信めいた想いに憑かれ、また不規則な悦の波に攫われる。パクつく膣唇が内を掻き混ぜられるたび、物欲しげに啜りつく。延々、咀嚼するような膣襞の吸い付きに応じて、堂本の指も執拗に爪弾きを続ける。反射的に下腹に力を込めると、肛門と指の隙間に...
ペニスの根もとを猛烈な力で締めつけられて、尚樹は再び動きを止められてしまった... 少年と人妻の二人で手を取り合って走りながら、限界は彩海のほうが早かった。一度射精した尚樹よりも、前後の肉孔を同時にふさがれた彩海が、先に絶頂に到達してしまう。 「あああああ、イッちゃう!わたしだけイッてしまうわ!尚樹くん、ごめんなさい。ひいいいっ、イクうっ!!」 絶頂とともに、膣と肛門の括約筋が...
美しい裸身をのけぞらせて、志津子はキリキリと全身を硬直させた... 「ヘヘヘ、何を今さら。オマ×コしてって頼んだのは、奥さんのほうじゃねえか」 竜二はすでにジーンズを脱ぎ、長大な肉棒の先端を押しつけてきた。だがすぐには犯さず、割れ目にそって何度もなぞり上げる。 「ひいっ、ひいいっ」 おびえに眼を見開き、必死に腰を揺すりたてる志津子に、 「俺の魔羅は太いぜ。お...
言葉の終わらないうちから、彩菜を押し倒し、M字に開脚させた脚の中心に、股間を重ねていく広海... 言葉の終わらないうちから、彩菜を押し倒し、M字に開脚させた脚の中心に、股間を重ねていく広海。 ヌチャ、ズリュ……リュリュリュリュ……ズチュ、ン!まだ貴和子の膣蜜をまとったままの肉棒が、勢いよく彩菜の膣洞を貫いていく。 母と娘の蜜が混じり合って、肉棒にからみつく。膣奥まで突き上げると、あふれた蜜が...
慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく... (なんて初々しい反応だろう……。それにしても、クリちゃん小っちゃ!堅くさせている癖に、こんな可愛らしいなんて……) 慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく。側面に円を描き、くすぐるようにして指の腹を擦りつけるのだ。 「いぁああ、ダメぇっ……俊輔さぁん……はぁああああっ」 もはや丁寧...
あなたのその大きな肉棒で、ママをザクザクと突いて……ああ、いい……... 「ママ、ごめん……。ああ、ママのおま×こ、凄いよ……。まったりとぼくのち×ぽを咥え、全体を締めつけてくる……。気持ち、いいよ、ママ……。ママ、お願いだから、僕を心でも、受け入れて……。ああ、ママ、凄い、締めてる……」 (私たち、ああ、とうとう、繋がったのね……。とうとう、踏み入ってはならない領域に...
肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った... 昂奮を隠せなくなった俊輔は、ねっとりと弄ぶような手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った。 「はうううっ、あ、ああ、そ、そんな激しいっ……」 健康な女体が媚肉をいじられて、反応を示さぬはずがない。そ...
上体を前のめりにして宣英にぎゅっとしがみつく... 絶頂を迎えまだ息も整わないままの凪子は、上体を前のめりにして宣英にぎゅっとしがみつくと、そのまま浴槽へと崩れ落ちた。...