小刻みな収縮を繰りかえし、指に絡みついてくる肉襞の感触

慎也は肉棒を脈打たせつつ、あらためて女陰を観察した。女性の性器も充血するのか、先ほどよりも粘膜が赤らんでいるように思える。
(ここに、俺のを……)
白んだ愛液を滲ませている膣穴に、おずおずと右の中指を突き立てる。
襞を掻き分けるようにして、根元まで膣内に埋めこむ。
(うわぁ、柔らかい……それに、あったかい)
初めて感じる女壺の温かさに、ヌルヌルした粘膜に前立腺を疼かせる。指先が蕩けるほどの熱さだった。小刻みな収縮を繰りかえし、指に絡みついてくる肉襞の感触も、男を盛らせるに充分ないやらしさだった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。