昌平は女のつぼみを舐めながら、指を二本、ヌルヌルになってヒクついている人妻の秘口に潜り込ませた

「ヘヘヘ、ヒクヒクさせやがって。よしよし、いま指を挿れてやるからよ」
昌平は女のつぼみを舐めながら、指を二本、ヌルヌルになってヒクついている人妻の秘口に潜り込ませた。
「うっ、くううっ……」
志津子がのけぞり、ブルブルと腰を震わせた。
打てば響く敏感な反応に、
「熱いぜ、奥さん。指が溶けちまいそうだ」
昌平は言いながら、熱い花層をまさぐった。
肉襞のざわめきが指先に伝わってくる。膣穴がうごめきつつ、奥へ奥へと引き込む感じだ。ミミズ千匹とはよく言ったものだ。恥骨の裏側を探ってみると、まさぐる指の腹に粒々が感じられた。これは数の子天井。どちらも名器の証しである。溢れ出る花蜜の量も半端ではない。
「よう、おっさん。聞こえるかい、この音」
昌平は指を鉤状に曲げ、夫の浩に聞かせるように膣肉を掻きまぜた。
「あうううーっ」
喜悦にまみれた志津子の呻き声と共に、ピチャピチャという淫らな汁音が響いた。
「おめえの女房、すげえ好きもんだぜ。まるで小便漏らしたみたいにマン汁を垂らしやがる。ほら、聞こえるだろ」
淫らな汁音がさらに高まり、
「ヒイッ、ヒイイッ」
嬌声と共に志津子の腰が躍った。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

小刻みな収縮を繰りかえし、指に絡みついてくる肉襞の感触... 慎也は肉棒を脈打たせつつ、あらためて女陰を観察した。女性の性器も充血するのか、先ほどよりも粘膜が赤らんでいるように思える。 (ここに、俺のを……) 白んだ愛液を滲ませている膣穴に、おずおずと右の中指を突き立てる。 襞を掻き分けるようにして、根元まで膣内に埋めこむ。 (うわぁ、柔らかい……それ...
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る... 「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」 柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。 戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが...
上へ下へと舌を這わせれば、亜紀の淫華は蓮の形に粘膜湿地を広げ... 上へ下へと舌を這わせれば、亜紀の淫華は蓮の形に粘膜湿地を広げ、胎奥へと続く小さな穴を、呼吸でもするように開閉させる。そんな膣穴に、たまらず舌を差し入れた。ちろちろとあやすようにそこを嬲れば、くなくなとヒップをもじつかせた亜紀は、甘い喘ぎで舌の責めに応えた。膣の入口が舌先に吸いつき、おもねるかのように...
牝肉を割られる忌まわしい感触に、理香は天を仰ぎ、ヒップを収縮させた... 拘束された身では限界がある。指は恥裂をまさぐり、念入りに馴致するようにくつろげ、ズブリと膣洞内部へ食い入った。牝肉を割られる忌まわしい感触に、理香は天を仰ぎ、ヒップを収縮させた。磔の女体が弓なりに反って硬直を余儀なくされた。...
昌平も女の茂みに指を這わせ、梳きあげるようにした... 「『抱いて』じゃねえだろ、奥さん」 志津子の乳首をつまんだまま、竜二が言う。 「そんな気どった言い方じゃ、俺たちをその気にさせることはできねえぜ」 昌平も女の茂みに指を這わせ、梳きあげるようにした。 微細な刺激を加えながら意地悪く上下から観察してくる男たちに、 「……して……してください」...
オリーブオイルにまみれた生牡蠣のような眺め... それは、見ているだけでおかしくなる、蠱惑の気配に満ちた肉の花園。逆さになったハートマークの一番上の部分で、膣穴の窪みが乱れた呼吸を繰り返すように、盛んにひくついて喘いでいる。強引に始めた行為ではあったが、どうやら少しは感じてくれていたらしい。真帆の秘唇は粘つく液体を分泌させ、オリーブオイルにまみれた...
指を尺取り虫のように何度か行き来させるだけで、じゅわわぁっと蜜液の滴りが増してくる... 指を尺取り虫のように何度か行き来させるだけで、じゅわわぁっと蜜液の滴りが増してくる。寧々はいやいやをする幼子のように頭を振り、全身の毛穴から牝臭を撒き散らしはじめた。身体中を駆け巡る獰猛な淫波に、その表情は悦びと言うよりも苦悶に近い。もしかして、本当に苦しいのではと、思わず疑ったほどだ。...
お腹の底に裂け開いた牝肉 お腹の底に裂け開いた牝肉は、どうやらすでに相当の発情状態。ぬめる恥裂の一番下にある窪みから、にぢゅちゅ、ぶちゅちゅと下品な音を響かせて卵白のような女陰涎をだらしなく溢れさせる。...
ベビードールの下、スキャンティーの紐を解くと、暗がりでもわかるほど、黒々とした貴和子の恥毛が見て取れ... こんどは広海の手を取ると、自分の股間へと導いていく貴和子。 ベビードールの下、スキャンティーの紐を解くと、暗がりでもわかるほど、黒々とした貴和子の恥毛が見て取れた。 股間の奥へと押しつけられる広海の手、指。貴和子がわずかに腰をもたげて、広海の手を誘い込んだ。 サリサリと恥毛の感触を手のひらに受...
ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われるくらい、二人の淫裂は熱く潤んで... 右側の胸板にすがりつき甘く啼く千夏。 「そ、そんないきなり……はううぅ、んんっ!」 左側で巨乳を擦りつけ、悩ましく呻く寧々。 「いきなりって言ったって、二人共すっかりびしょ濡れだよ。深佳を責めながら疼かせていたんだね……」 ずぶりといきなり指を埋め込んでも、さほどの衝撃もなかったろうと思われ...