昌平は女のつぼみを舐めながら、指を二本、ヌルヌルになってヒクついている人妻の秘口に潜り込ませた

「ヘヘヘ、ヒクヒクさせやがって。よしよし、いま指を挿れてやるからよ」
昌平は女のつぼみを舐めながら、指を二本、ヌルヌルになってヒクついている人妻の秘口に潜り込ませた。
「うっ、くううっ……」
志津子がのけぞり、ブルブルと腰を震わせた。
打てば響く敏感な反応に、
「熱いぜ、奥さん。指が溶けちまいそうだ」
昌平は言いながら、熱い花層をまさぐった。
肉襞のざわめきが指先に伝わってくる。膣穴がうごめきつつ、奥へ奥へと引き込む感じだ。ミミズ千匹とはよく言ったものだ。恥骨の裏側を探ってみると、まさぐる指の腹に粒々が感じられた。これは数の子天井。どちらも名器の証しである。溢れ出る花蜜の量も半端ではない。
「よう、おっさん。聞こえるかい、この音」
昌平は指を鉤状に曲げ、夫の浩に聞かせるように膣肉を掻きまぜた。
「あうううーっ」
喜悦にまみれた志津子の呻き声と共に、ピチャピチャという淫らな汁音が響いた。
「おめえの女房、すげえ好きもんだぜ。まるで小便漏らしたみたいにマン汁を垂らしやがる。ほら、聞こえるだろ」
淫らな汁音がさらに高まり、
「ヒイッ、ヒイイッ」
嬌声と共に志津子の腰が躍った。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!