昌平は女のつぼみを舐めながら、指を二本、ヌルヌルになってヒクついている人妻の秘口に潜り込ませた

「ヘヘヘ、ヒクヒクさせやがって。よしよし、いま指を挿れてやるからよ」
昌平は女のつぼみを舐めながら、指を二本、ヌルヌルになってヒクついている人妻の秘口に潜り込ませた。
「うっ、くううっ……」
志津子がのけぞり、ブルブルと腰を震わせた。
打てば響く敏感な反応に、
「熱いぜ、奥さん。指が溶けちまいそうだ」
昌平は言いながら、熱い花層をまさぐった。
肉襞のざわめきが指先に伝わってくる。膣穴がうごめきつつ、奥へ奥へと引き込む感じだ。ミミズ千匹とはよく言ったものだ。恥骨の裏側を探ってみると、まさぐる指の腹に粒々が感じられた。これは数の子天井。どちらも名器の証しである。溢れ出る花蜜の量も半端ではない。
「よう、おっさん。聞こえるかい、この音」
昌平は指を鉤状に曲げ、夫の浩に聞かせるように膣肉を掻きまぜた。
「あうううーっ」
喜悦にまみれた志津子の呻き声と共に、ピチャピチャという淫らな汁音が響いた。
「おめえの女房、すげえ好きもんだぜ。まるで小便漏らしたみたいにマン汁を垂らしやがる。ほら、聞こえるだろ」
淫らな汁音がさらに高まり、
「ヒイッ、ヒイイッ」
嬌声と共に志津子の腰が躍った。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

小刻みな収縮を繰りかえし、指に絡みついてくる肉襞の感触... 慎也は肉棒を脈打たせつつ、あらためて女陰を観察した。女性の性器も充血するのか、先ほどよりも粘膜が赤らんでいるように思える。 (ここに、俺のを……) 白んだ愛液を滲ませている膣穴に、おずおずと右の中指を突き立てる。 襞を掻き分けるようにして、根元まで膣内に埋めこむ。 (うわぁ、柔らかい……それ...
同じくたっぷりの蜜で潤む膣内に男の指が三本。一気に連なり突き入ってくる... 期待に潤む真弓の視線が見つめる中で、同じくたっぷりの蜜で潤む膣内に男の指が三本。一気に連なり突き入ってくる。ようやくの堂本側からの能動的愛撫の到来に、嬉々として膣壁が歓待する。その蠢きを感じ取りつつ突き進む三本の指が、溜まった蜜を掻き混ぜるようにぐるぐると回転した。...
右手は指先を純白のパンティの底に突きたてて、深い溝を掘っている... もうひとりの美女も、快感に翻弄されていた。尚樹が彩海の尻から顔をあげると、静子先生が自分自身の両手で、肉の悦びを掘り起こしている。 左手はずっとブラウス越しに豊乳を揉みこんだ。右手は指先を純白のパンティの底に突きたてて、深い溝を掘っている。圧迫を受けた布からは透明な液体がにじみ出て、すぐ下のソファ...
ハイレグの張りついた股間はM字開脚のおかげで無防備そのものだ... 珠実が頭を起こした。床面まで濡らすほどたっぷり垂らしたのち、奥寺は「いまにわかるよ」と告げた。珠実の股間に手を伸ばす。ハイレグの張りついた股間はM字開脚のおかげで無防備そのものだ。濃紺の布地をずらして陰部をまさぐろうとすると、細身の肢体が暴れだした。かまわず布地をかすかに浮かせ、無理やり指を忍びこま...
そのままどうぞ。わたくし、下着はつけていませんから... 未亡人は、義理の息子に向かって相姦を願った。脚を開いて膝を立て、着物の生地と一緒に長襦袢と腰巻きの裾を大きく割る。 「そのままどうぞ。わたくし、下着はつけていませんから」 佑二の腰が、花穂子の内ももを圧した。肉刀の先端が女の花唇とヌチュリと擦れ合った。互いの性器は、温かな液で潤っていた。...
儚げな繁茂の下に秘め咲く牝園 目の前に現れた、後ろめたくも神々しい絶景を息もできずに凝視した。猫毛のような繊毛が、小判の形に密生してヴィーナスの丘にそよいでいる。処理をしているのか元々なのか、なのか、ワレメの縁に陰毛はなかった。儚げな繁茂の下に秘め咲く牝園は、いかにも肉厚で重たげだ。開ききった百合の花のようにベロンとラビアをめく...
肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った... 昂奮を隠せなくなった俊輔は、ねっとりと弄ぶような手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った。 「はうううっ、あ、ああ、そ、そんな激しいっ……」 健康な女体が媚肉をいじられて、反応を示さぬはずがない。そ...
トロ肉がごとく脂が乗った熟尻を優しく揉みほぐす... 淫母に誘われるまま、おずおずと美尻に手を伸ばす。スベスベの絹肌をさすり、トロ肉がごとく脂が乗った熟尻を優しく揉みほぐす。尻たぶの隙間に見え隠れするダークローズの秘唇も、濃い日焼け色の菊花もいやらしすぎて、完全勃起に肥大していた男根は、さらにひとまわり大きくなる。...
湾曲させた中指の先端で、薄布の食いこんだ縦溝を船底から上へ向かってくすぐるように撫でる... 全ての指で秘唇の外縁に円を描き、なおも寧々の性感を探った。 我慢しきれない下半身が、もじもじと細かく蠢く。 「はうん、っく……。ああ、そうです、私、気持ちいいのぉっ」 湾曲させた中指の先端で、薄布の食いこんだ縦溝を船底から上へ向かってくすぐるように撫でる。...
指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる... 目だけ爛々とぎらつかせる少年の前で、彩海の両手の指が自身の股間にそえられた。指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる。 見て、とは彩海は言わなかった。言われなくても、尚樹はじっと見つめている。 生まれてはじめて目にする女の秘密は、ひたすら美しい。 精密に設計されたとしか思えない...