やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる

口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。
「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」
加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮きだした茎を根元まで咥えこむ。
カポ、グポッ……ジュボ、ガボッ……。
唾液を滴らせ、破廉恥な音色を響かせて、深く大きな首振りで陰茎をしゃぶり倒す。
もちろん手も休ませてはいない。やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

熱のこもった母の口唇奉仕に、佑二の勃起はピクンピクンと跳ねた... 舌や口内粘膜と、佑二の逸物がぴっちりぴっちり擦れる感覚が、快くてたまらなかった。花穂子は唾液の汁音と、粘膜の摩擦音を響かせて、赤い唇をすべらせた。 「口だけで扱くなんてテクニック、彩香さんだってしてなかったのに」 佑二がため息を吐き、花穂子の頭に手を置いた。まとめ髪から垂れたほつれ毛を指で掻き上...
亀頭が口奥に当たると、丸呑みする感覚で喉元の奥まで納めた... すぐに先端が喉につかえた。 (半分も咥えていないわ) 少年を満足させるため、花穂子は相貌をゆらして角度を変えながら、さらに硬直を呑み込んでいった。口腔全体を弛緩させ、切っ先の圧迫に逆らわぬように注意しながら、唇を埋めていく。亀頭が口奥に当たると、丸呑みする感覚で喉元の奥まで納めた。...
奥を突かれると息詰まるようなショックに苛まれ、引き戻されると排泄感が一瞬に湧いて、たまらず肛門を引き... 「あ……ううっ……も、もういいでしょうっ……。帰してっ……」 お尻を揺らして訴えた。背後から奥寺がバイブを送りこんでいるのだ。奥を突かれると息詰まるようなショックに苛まれ、引き戻されると排泄感が一瞬に湧いて、たまらず肛門を引き絞ってしまう。するとバイブの突起がもろに肛環にぶち当たる。なにかいままで...
あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた... 恵里子は総身を反らせて悲痛に呻いた。 「ほほう。なかなか敏感なんだな。えっ?どうする。こうしてやろうか……」 先ほどまでの昂りきった口調が影を潜めたのが不気味だ。不敵に落ちついた物腰で奥寺は告げた。肛門を捕らえた魔指の先端がグリグリと圧力を加えてきた。 「イヤッ。やめてええっ」 魔指を咥えた...
こんどは唇をぴったり密着するようにかぶせながらじょじょに呑み込んで、亀頭だけを回しなめる... その先は恥ずかしくて言えないのか、チュッ、チュルッ、彩菜の唇がキスを繰り返すと、また肉棒を亀頭から呑み込んでいく。 「んー、ぅぅ」 こんどは唇をぴったり密着するようにかぶせながらじょじょに呑み込んで、亀頭だけを回しなめる。 フェラチオしながらコク、コクッ、と頭を振ると、彩菜の長いポニーテールが...
喘ぐ亀頭を舐めしゃぶる なのに佳織はまだまだ許さない。ひくつく棹を執拗に扱き、再び舌まで繰りだして、喘ぐ亀頭を舐めしゃぶる。まるで三分以内に亀頭全部を舐め溶かさないと、人生の重大事に支障を来すとでも言うような熱烈さだ。...
罪の意識から逃れるように、美母は相貌を前後にゆらし、唇を往復させた... 故人を偲ぶ日に、その息子の前にひざまずき、ペニスを頬張っていた。人の道に外れた所業だと、花穂子自身思う。罪の意識から逃れるように、美母は相貌を前後にゆらし、唇を往復させた。嘔吐きそうになりながらも、口内粘膜で棹腹を摩擦し、舌で棹裏を舐め擦った。 「あっ、ああっ、ママの口が吸い付いてる。ママのフェラ...
留美子さんは、浴室で健太ちゃんのお魔羅をお口で愛し、健太ちゃんの種汁のお初をすべて呑み込んだ……... (ああ、でも、健太ちゃんの、あの、お魔羅……) それが今なお、目の前にそびえているような錯覚に陥る。由美は、どうしたらいいの?と自問し、答えが浮かばないままに立ち上がる。 (留美子さんは、浴室で健太ちゃんのお魔羅をお口で愛し、健太ちゃんの種汁のお初をすべて呑み込んだ……) 健太の口から語られた...
わざと音を立てて吸引するナミの目線が不意に揺らめき... わざと音を立てて吸引するナミの目線が不意に揺らめき、高く積まれた岩壁越しに覗き込む女将の瞳を捉える。覗きに気づいたその上で舌の動きを見せつけるナミが、唾を垂らした。護はただただされるがままに享受して、垂らされた唾を喉鳴らして収めてしまう。妻の目に情けなく映る夫は、剥き出しの男性器を弾ませてもいた。...
一心に、まるで競うように広海の肉棒を取り合っている... 美しく豊満に熟れきった美母と、まだ青さと硬さを残した実の美娘が、一心に、まるで競うように広海の肉棒を取り合っている。 「んん、ぅ……ちゅ、ちゅく、じゅぷ!」 「ぁあん、彩菜ちゃん。おち×ぽ、みんな持っていったら、いけないのぉ」 彩菜が根元近くまで肉棒をくわえ込むディープスロートをなかなか止めな...