やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる

口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。
「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」
加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮きだした茎を根元まで咥えこむ。
カポ、グポッ……ジュボ、ガボッ……。
唾液を滴らせ、破廉恥な音色を響かせて、深く大きな首振りで陰茎をしゃぶり倒す。
もちろん手も休ませてはいない。やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。

関連する言葉

大きな尻を鷲掴みにされ、腰を大きく振り、淫裂の内部全域を抉り回すような穿ちかただった... 「あひぃーーっ、ああ、後ろから、ひ、拡げられている……。ああ、健太ちゃん、自ら、挿し込むところを、うううっ、見つめている……」 メリッ、メリッと膣道が拡げられ、肉棒が奥へと挿し込まれる。 「ママ、きついよ……。ああ、ママのおま×こ、きつきつで、気持ち、いい……」 「ああうっ、ママもよ……。ああ...
どうしたんだ。ケツをもじもじさせて。そんなに尻穴に欲しいのかい... 別の男が、なにか粘っこいものを肛門部にねっとりと塗りつける。メントールでも含まれているのだろうか。直に肛門の周囲といわず、露出したとば口といわず、ジンジンと灼けて熱くなっていく。ねじこむように肛環の内側までたっぷり塗りこまれると、熱っぽさはますます高まる。妖しい予兆が背筋を徐々に駆けあがった。 「...
わたくしのお尻の……穴を弄って下さい。きちんと締め上げますから... 「佑二さん、わたくしのお尻の……穴を弄って下さい。きちんと締め上げますから」 言われた通りの台詞を口にする。不浄の箇所を自ら弄るよう請う恥ずかしさは、ひとしおだった。全身から汗が噴き出した。 「うん。ママのお尻の穴、やさしくまさぐってあげる」 少年の細指が、窄まりの表面を捏ね回し、そして内に差...
花穂子は佑二を見上げながら、逞しい男性器に頬ずりをして見せた... 花穂子は佑二を見上げながら、逞しい男性器に頬ずりをして見せた。興奮液を潤沢に垂らして、昂ってもらいたかった。 (そうでなくては、わたくしがおくちでご奉仕をする意味がない)...
ますますそりかえる勃起の裏側の尿道のふくらみに沿って、唾液をたっぷりと乗せた舌を這わせる... 彩海の舌が、亀頭から肉の幹へと下りた。ますますそりかえる勃起の裏側の尿道のふくらみに沿って、唾液をたっぷりと乗せた舌を這わせる。両手はシーツから離して、睾丸をそっと包み、やわやわと揉みほぐす。口と手の両面攻撃を食らって、尚樹は自分でも驚愕ものの短時間で、溜まっていた精液を決壊させた。...
フェラチオとクンニリングス、アナルなめのトライアングルだ... 「……んく、んく、ぅぅ、ん!」 いっぽうの彩菜は、広海のクンニリングスに乱されながらも、けんめいに肉棒を呑み込み、顔を上下させての抽送まで。フェラチオとクンニリングス、アナルなめのトライアングルだ。しかも広海の肉棒と肛門をなめしゃぶるのは、実の母と娘というこれもまた色濃い繋がり。...
留美子さん、お口で呑み込んだだけじゃない……。次にはこの素敵な肉棒を挿し込んで、あそこの奥に射精させ... (だめよ……。それだけは絶対、だめ……) すでに喘ぎ声をもらしている由美の思考は纏まりがない。ただ熟女の知恵が由美にある結論を与えていた。 (そうよ。お口も健太ちゃんが大好きな太ももも指もすべて使い、健太ちゃんが音をあげるまで、種ミルクを射精させればいいのだわ……。ああ、何度放てば安全なのかしら...
太ももの奥に、左右対称ながら、少しくすみ加減の鶏冠のような四枚の秘唇が、鬩ぎ合うように舞っていた... (ママ……やっぱり、ママが一番だ……) エアコンが動いていて、部屋の中は暑くも寒くもなかったが、義母は少し離れたベッドの向こう側で横向きになり、両腕を薄掛けの上に露出していた。その薄手の掛布団がちょうど胸あたりまで捲られていて、たわわな乳房が薄い布地の下で息づいている様子がよく分かる。 (ママ、...
肉竿まで行き着くと、鈴口に唇をぺとっと当て、ゆっくりと口内に差し込んでいく... ちえりがちゅっちゅっと脇腹や腰骨の辺りから、下半身へと唇をずらしていった。そのまま、肉竿まで行き着くと、鈴口に唇をぺとっと当て、ゆっくりと口内に差し込んでいく。ちえりの口内は熱くぬかるんでいた。頬粘膜が亀頭をしっとりと包み込み、きゅっと両脇から狭窄してくる。裏筋から亀頭を舌べろでくちゅくちゅと撫で回...
唇を半開きにすると、ちゅるちゅるっと肉竿を頭から飲み込んでいった... 凪子は唇を半開きにすると、ちゅるちゅるっと肉竿を頭から飲み込んでいった。湿った粘膜に包み込まれてペニスにじんじんと愉悦が奔る。頬を内側にへこませてのバキュームフェラで啜り上げられ、精子がぐぐぐと睾丸から精道へ迫り上がっていく。カメラを意識して上目遣いでこちらにちらちらと送る視線が悩ましく色っぽい。...