やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる

口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。
「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」
加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮きだした茎を根元まで咥えこむ。
カポ、グポッ……ジュボ、ガボッ……。
唾液を滴らせ、破廉恥な音色を響かせて、深く大きな首振りで陰茎をしゃぶり倒す。
もちろん手も休ませてはいない。やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。