いつ見てもときめく優雅な腰のラインを、豊麗なヒップの眺めを横目にしながら、怒張した若勃起を露わにする

直腸に突き刺さった指を抜き取ると、加南子はソファーから腰をあげ、すぐさま一糸まとわぬ姿に変わる。慎也もいそいそと服を脱ぎはじめた。いつ見てもときめく優雅な腰のラインを、豊麗なヒップの眺めを横目にしながら、怒張した若勃起を露わにする。
「ねえ、上に来て。私の顔にまたがってちょうだい」
「……うん」
うながされるまま、絨毯の上であお向けに寝転がった義母の肩口に膝をつく。まっすぐに投げだされた両脚をVの形で天井に向けさせ、そこから女性器が丸出しになる、俗に言う「マングリ返し」の体位に仕立てあげる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。