豊麗なヒップを備えた加南子の肉体は慎也にとって理想像である

慎也はとにかく大きな尻が好きなのだ。多少太めであっても気にしない。たおやかな腰の張りとヒップの膨らみさえあれば許容範囲はかなり広い。とはいえ寸胴だけは許せなかった。ほっそり括れたウエストがあればこそ、女性らしい美臀の曲線が描けるのだから。コルセットでウエストを目いっぱいに締めつけて、ふんわり傘がひろがったドレスを身にまとい舞踏会に赴く、そんな中世の貴婦人たちの姿には強く惹かれるものがある。コルセットを着ける必要もない可憐なウエストに、豊麗なヒップを備えた加南子の肉体は慎也にとって理想像である。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。