ファスナーをおろし、トランクスを突き破らんばかりに勃起している男根にドキドキと胸を高鳴らせつつ

幼子の着替えを介添えする母親のような口調で慎也をうながし、Tシャツを捲りあげる。気恥ずかしそうな笑みを浮かべるも、慎也はされるがままに身を任せていた。
「いい?」
言葉少なに意思を尋ね、ズボンのボタンをはずす。ファスナーをおろし、トランクスを突き破らんばかりに勃起している男根にドキドキと胸を高鳴らせつつ、ズボンを脱がせてゆく。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。