いきり勃つ肉棒が留美子のやわ肌に食い込む

「うん。僕、早く、留美子さんの体の隅々まで見てみたい……」
「ああ、恥ずかしい……でも、約束だから、いいわよ。そのかわり、私も健太くんの体、じっくり見るんだから」
健太は留美子の手を引いて立ち上がらせた。留美子と正対する。自然にお互いが体を寄せ合い、背に両手を回すと唇を求める。いきり勃つ肉棒が留美子のやわ肌に食い込む。それを感じた留美子は意識的にやわ肉で肉棒を刺激し、口内に挿し込まれている健太の舌に舌を絡め、溢れる唾液を啜ってくる。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。