竜二の指が志津子のブラウスのボタンをひとつ、またひとつと外していく

「いやっ、許してっ!許してええっ!」
床の上にあお向けに寝かされ、両腕を万歳の格好に拘束されたまま、志津子は身を揉んで泣き叫んだ。竜二の指が志津子のブラウスのボタンをひとつ、またひとつと外していく。女を犯し慣れているらしく、冷静そのものだった。
「いやっ、ああっ、いやですっ」

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!