たっぷり脂が乗った女尻を柔らかく揉みほぐす

義母の挑発にますます男根を硬くすると、慎也はおずおずと両手を伸ばし、美臀の双子山に手のひらをあてがった。婦人肌着独特のツルツルした手触りを楽しみ、たっぷり脂が乗った女尻を柔らかく揉みほぐす。
が、尻肉を弄んでいるばかりでは飽き足らない。もはや遠慮などできない。股座からムンムンと漂いくる女臭に、加南子だけの媚臭に小鼻をひくつかせると、慎也は自らの好奇心が訴えるままに、クロッチの二重布に指先を這わせていった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。