悩ましげに溜め息をつくと、加南子は性懲りもなく勃起した若竿を口に含み、美臀を突きだした

「はぁ……ああぁ、ねえ、指も……お尻にも、指を入れていい?」
「……もう、慎ちゃんったら、困った子……ふぅ、んんぅ、んぼ、んぽっ」
悩ましげに溜め息をつくと、加南子は性懲りもなく勃起した若竿を口に含み、美臀を突きだした。括約筋を緩め、尻の蕾を膨らませて息子をうながす。
「じゃ、じゃあ……入れるから、お尻に……」
小さく口を開けた肛門に生唾を呑むと、慎也は愛液を潤滑剤の代わりに中指に塗りつけて、珈琲色の菊花に、その中心部に指を突き立てた。
ヌプッ……。
異物の挿入に抗うこともなく、肉門は柔軟に口を割り、指を受け入れてくれる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。