アヌスの皺をさするように、うねうねと肛門を這いずりまわる舌先にアクメの揺りかえしに襲われつつも

さらには肛門に舌を伸ばし、何度夢見たかしれないアニリングスを実践する。
「……ひっ、そこは、あ、あぁんっ……はっ、はふぅ、駄目ぇ、駄目よぉ」
アヌスの皺をさするように、うねうねと肛門を這いずりまわる舌先にアクメの揺りかえしに襲われつつも、加南子は必死に訴えた。慎也の興味は理解していても、それを受けとめる覚悟はあっても、穢れた穴に口をつけられるなど、さすがに心が躊躇われた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。