何と詩織のアナルだった。パンティは秘部を隠す気が全くないのだ

陶酔しきった声が聞こえた瞬間、詩織は脚を大きく開いて腰を上げた。つまり股間を雅也に見せつけてきたのだ。詩織のパンティの色は、もちろんブラと同じヴァイオレットだ。生地は小さいとは思っていたが、これほどとは考えていなかった。完全なGストリングスだ。紐のようなラインがウエストを回り、中央から真っ直ぐにヒップを縦断するラインが走る。そういう意味で「T」バックなのは間違いないが、紐の細さが問題なのだ。
まず雅也の目に飛びこんできたのは、何と詩織のアナルだった。パンティは秘部を隠す気が全くないのだ。アナルが、これほど可憐で、可愛らしいすぼまりであるとは、十五歳の少年は思ってもみなかった。輝くようなピンク色がぴくぴくと震えている様は、文字通り食べてしまいたいと思う。雅也は圧倒的な衝撃に襲われ、ひたすら熱い視線を送った。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。