こ・肛門(指挿入)

天海佑人

愛菜の声が聞こえた瞬間、その母親の尻の穴は万力のように締まっていた

益岡先生の妻はつらそうな表情を浮かべつつも、孝典にスクール水着姿で料理を続ける動画を撮らせた。 今夜は肉じゃがのようだった。 「煮込んでいる間、尻の穴の調教をしましょう」 尻たぼに貼りつくスクール水着を脇にやり、尻の狭間に指を入れていく。 ...
天海佑人

孝典はさらに尻の穴に指を入れ、とどめを刺すように、ずどんっと前の穴を突いた

「おうっ、いいよっ、奥さんっ」 昼休み、ブロンド妻の尻の穴を堪能していたが、松前先生の奥さんのおま× この和風ならではの味わいに、孝典はうなる。 孝典はぐいぐいバックでえぐりながら、尻の狭間に指を忍ばせていく。そして、さっきほぐした肛門に指...
天海佑人

やっぱり、二つの穴をいっしょに責められると、燃えますか、奥さん

「はあっんっ……」 裕美のおま× こはどろどろに濡れていた。指でまさぐると、後ろの穴が強烈に締まってきた。 「ああ、ふたついっしょは、だめっ……あっ、はあんっ……前と後ろはゆるしてっ」 ゆるして、と言いつつも、後ろの穴同様、前の穴も締まって...
鮎川晃

突き出された尻たぶが、ぶる、ぶるぶるぶる……と、小刻みに震え、汗の滴が乳首から落ちる

「あう!うふん!ひん!あ、あ、あ、ま、またいく。またいく。ま……ぐ」 四つんばいで勇作を迎え、夢中で尻を前後させながら、何十回目かのアクメを奈津子が迎える。突き出された尻たぶが、ぶる、ぶるぶるぶる……と、小刻みに震え、汗の滴が乳首から落ちる...
天海佑人

ママっ、どうして……そこ、お尻の穴だよ……肛門だよ……どうして、そんなところに指を入れられても……ああ、エッチな声を出しているのっ……

「いやいやっ、エッチなママなんて見たくないっ」 愛菜がバックで突かれて喘いでいる母親を、嫌悪の目で見つめだす。 「二階にっ、はやく二階にっ」 静恵の声がさらに甘くなっている。 孝典はここぞとばかりに、激しく突いていった。 「ああっ、い、いい...
天海佑人

お、お尻の穴なんて……どうして見たいの……見るところではないわ

「尻の穴も期待できますね」 「お、お尻の穴なんて……どうして見たいの……見るところではないわ」 「見るところですよ、奥さん。まさか、益岡先生は静恵さんのお尻の穴、見たり、舐めたりしないんですか」 「し、しないわ……小嶋くん……お尻の穴は、そ...
天海佑人

高く張っている尻たぼを、ぱんぱんと叩いた

孝典はエマ先生のアナルから指を抜いた。 「ああ、ありがとう……」 とエマ先生が礼を言ったが、勘違いしていた。指を抜いたのは、ち× ぽを入れるためだった。 エマが四つん這いの姿勢を崩そうとした。 「まだ、終わっていませんよ。さあ、ヒップをあげ...
天海佑人

あうっ……だめ……指はだめ……ああ、アナルは……ああ、入れる穴ではないの

「ああ……アナルを見たがるなんて……ヘンタイよ……」 「じゃあ、アナルファックで中出しまでされているエマ先生は、どヘンタイですね」 「違うわ……ああ……」 「ヘンタイって、英語でなんて言うんですか」 「アブノーマルよ……ああ、パーバート(p...
天海佑人

が、エマは咥えたまま、離さない。それどころか、蟻の門渡りから指を滑らせ、孝典の肛門に触れてきたのだ。

「あっ、ああっ……すごっ……ああ、エマ先生っ……フェラ、すごいですっ」 エマの優美な頬の窪み方が半端じゃない。ぐぐっと凹み、そしてふくらみ、また深く凹むのだ。 孝典ははやくも、エマの口の中に出しそうになってきた。これでは完敗じゃないか。こん...
鮎川晃

貫かれたまま勇作の腰に脚を巻きつけ、手を後ろにやると、尻を撫でたりアナルをくすぐったりする

「そう言うあなただって汗びっしょりになってるわ。ごめんなさい、私が重かったせいよね?次までにダイエットしておきます」 勇作の頬を流れる汗を指先で拭うと、早苗は裸身を起こして、男の乳首を甘く吸う。貫かれたまま勇作の腰に脚を巻きつけ、手を後ろに...
鮎川晃

後ろに舌を集中させてぬめりを与え、勇作は指を、菊の蕾に突き立てる

「ふふ、一緒に刺激すると感じるみたいですね?両方とも、気持ちよさそうにびくびくしてますよ?なんて色っぽいんだろう」 後ろに舌を集中させてぬめりを与え、勇作は指を、菊の蕾に突き立てる。強い愛撫に驚いたのか、びくん……と、文子の尻が重たげに揺れ...
結城彩雨

冷二と五郎は夏子の高く突きだされた双臀の前にしゃがみこむと、本格的に肛門を指で嬲りだした

「尻のほうは見えねえよ。奥さんが変な声さえ出さなきゃ、なにをしてるかわかりゃしねえ」 「フフフ、おとなしくしてることだな」 冷二と五郎は夏子の高く突きだされた双臀の前にしゃがみこむと、本格的に肛門を指で嬲りだした。 「あ……」 夏子は歯を噛...
結城彩雨

湯のなかとはいえ、七人もの男のいる前で肛門をいじりまわされるなど、信じられない

夏子は目の前が暗くなる。すがるように冷二と五郎を見た。 だが、五郎はあざ笑うように夏子の肛門に埋めこんだままの指を動かしはじめた。二本の指を捻じり合わせながら、ゆっくりとまわすのだ。 「あ……」 夏子はあわてて唇を噛みしめた。湯のなかとはい...
結城彩雨

……して……夏子のお尻の穴に、うんといやらしいことをして……

「これだけ綺麗な肌をしてるんだ。いつも綺麗に磨きあげておかなくちゃな」 そんなことを言って、冷二と五郎は石鹸をまぶした手を、夏子の裸身に這わせていく。 温泉の男たちに見せつけて、夏子の乳房を下からすくいあげてタプタプ揉み、腰のくびれから女の...
結城彩雨

もちろん五郎の指は二本、夏子の肛門へ入ったままである

冷二に代わって今度は五郎が夏子の肛門をいじりまわしている時、脱衣場へガヤガヤと人が入ってくる気配がした。 男ばかり六、七人はいる様子だ。 「ひッ……」 夏子は戦慄に裸身を硬直させた。 「い、いや……どう、どうすればいいの……」 「あわてるな...
結城彩雨

冷二は指を二本深々と埋めこんで、指先を曲げて腸襞をまさぐりはじめた

「ああッ……そんな……」 「いやなのか、奥さん」 「……いや、じゃありません……ああ、もっとして……指を二本にして……」 夏子が言い終わらないうちに、もう一本指が入ってきた。人さし指に中指が加わった。 「あ、ああ、やさしくして……ああ……」...
未分類

そして再び双臀を男たちのほうへ差しだし、自ら両手で臀丘を押し開いた

だが、それで終わったわけではない。 「奥さんの希望通りにたっぷりと浣腸してやったぜ、へへへ」 「尻の穴をもっと開いて欲しいんだったな、奥さん。浣腸の次はどうすりゃいいんだ」 と、冷二と五郎が意地悪く夏子に語りかける。 夏子は弱々しくかぶりを...
空蝉

双乳を握ったままでいた賢太の手の内に、美幸が乳首を摺り付けてきた。その瞬間に、ひと際高鳴った肉の幹が一斉に、ありったけの白濁を撃ち込んだ。

「……はァッ、ひ……ッ、あはぁ……ッッ、ぃく……ぅぅっ」 擦り続けた前門をしとどに濡らし、指を咥えた後門をヒクつかせっぱなしにしながら、結もまた、肉悦の高みへと駆け上がった。 舌突き出したまま喘ぐ口腔と、尻の谷間にうずもれた鼻先。二か所より...
空蝉

肛穴の蠢動に引き込まれるようにして潜った人差し指をくの字に曲げて、つるりとした腸の壁面を丹念に擦る

男の腹と女の尻。肉同士のぶつかる音色が小気味よく、室内に重なり轟く。 「はぁッ、あっ、ぐぅ……っ!結ちゃんのお尻っ、本当にエロいよ」 荒い息を吐き連ねながら、賢太は突き込みのたびに卑猥にたわむ少女の臀部に魅入られていた。押し込むとムチッと受...
空蝉

怯えた尻穴がぎゅっと引き締まるのに連動して、また膣肉が肉棒を押し潰す

過敏な襞が間髪入れずにヒクリと弾み、控えめな喜悦を示す。 「んあ……っ、あぁ……お腹の中、熱い……」 尻穴が順応し始めたのを察知して、一度指を抜き取る。顔こそベッドに押し付けたまま覗かせないものの、ヒクつく尻穴で切なさを訴える少女の求めに改...