加南子に負けず劣らずの迫力に、圧倒的なボリュームの美臀に爛々と瞳を輝かせる慎也

加南子に負けず劣らずの迫力に、圧倒的なボリュームの美臀に爛々と瞳を輝かせる慎也。が、一方では冷静な評価もしていた。やはり加南子のヒップには敵わないと、尻肉の張りも、その形も、義母のそれと較べれば劣るのではないかと……。
しかし、甲乙つけ難い美尻である。加南子を最高とする心が無理に志穂の欠点を探しているのかもしれない。もし仮に自分が実母を求めていたならば、志穂との暮らしを選んでいたならば、今の評価はきっと逆転していた、それだけは確かに思えた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。