直腸を膨らませるほどの肉棒がズルズルと肛門から引き抜かれるとき

がむしゃらに尻を貫かれ、容赦なく直腸を掘りかえされ、少しずつ痛みに馴れてきた女体はいつしか性的愉悦と言って憚らない快楽に目覚めていった。
直腸を膨らませるほどの肉棒がズルズルと肛門から引き抜かれるとき、排泄時にも似た肉悦が脳髄を痺れさせる。奥まで突かれれば子宮の裏側が抉られ、膣壁にまで摩擦が伝わり、縮んでいた陰核がムクムクと鞘から突起してくる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。