ズシッ、ン!重々しい響きとともに、最奥を深くえぐり抜いた肉棒が火を噴く

そしてとうとう、ズシッ、ン!重々しい響きとともに、最奥を深くえぐり抜いた肉棒が火を噴く。
白い炎を、貴和子の膣奥に向かって噴き上げていく。
ビュビュッ、ビュルルルッ、ビュシャァァア!
「ヒォォオ!ホォォオン!きちゃう!いっぱいいっぱい、おち×ぽが、貴和子のこと、さらって、イッちゃうゥ!ァァアア!!イク!イキます、ゥゥウ!」
裸身がバラバラに砕け散る。天の高みへ、吹き飛ばされていく。貴和子の中で、快美の嵐がそんなイメージとなって、駆け抜けていった。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。