睾丸がきゅっと引き締まったようになり、亀頭の鈴口が灼けたように熱くなった

葉川慎司

「あああ、もうだめだ!」
尿道が焦げる。睾丸がきゅっと引き締まったようになり、亀頭の鈴口が灼けたように熱くなった。
「あああ、イク!んうぅっ!」
もう堪えきれないと思ったその瞬間、瑞穂の女体がびくんと引きつった。全身を小刻みに震わせ、家政婦は甲高い愉悦の叫びをもらした。
女壷がさらに引き締まり、祐司は気が遠くなるような快感とともに、絶頂を迎えた。
潮流のような快感が尿道を迸っていく。
肉棒の脈動とともに突き抜けていく絶頂感は、生まれて初めての本物のセックスの快感だったのかもしれない。
祐司は腹の底から愉悦の吐息をもらしながら、瑞穂の女体に折り重なり、最後の一滴まで熱い樹液を、家政婦の胎内に注ぎこんだ。

出典:~僕の家に来た美しすぎる家政婦 (フランス書院文庫)

著者: 葉川慎司

掃除中にのぞける白い太腿、36歳の悩ましい腰まわり……エプロンでは隠しきれないむっちり女体の家政婦・瑞穂。まさか彼女が、僕の初体験相手になってくれるなんて!濃厚キッス、お掃除フェラに、ご奉仕バスルーム……「してほしいことがあったら何でも言ってくださいね」どんな淫らな願いも叶えてくれる最高すぎる家政婦!

タイトルとURLをコピーしました