Fカップはあるのでは、という豊かなバストがふたつ、若々しく張り切っていた

背の高い、均整の取れた裸身だった。ほどよく引き締まっている。きれいにそげたウエストから、意外に豊かな腰回り。そこからみずみずしい脚へと繋がる見事なライン。
健康的な肌の色。なにかスポーツをやっていたのか。だがそれをまた裏切るように、Fカップはあるのでは、という豊かなバストがふたつ、若々しく張り切っていた。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。

関連する言葉

浴衣の合わせ目に手を滑らせ 浴衣の合わせ目に手を滑らせ、胸の奥へと差し入れる。蕩けるように柔らかな、胸の膨らみにタッチした。啓太は一気に鼻息を荒くして、たわわな乳房の一つを揉む。...
みっちりと詰まった乳肉が、プニプニッと弾んでは軟らかく受け止めてくれる... 耳元で囁きながらふっと息を吹きかけると、浴衣の襟元から指先を滑り込ませる。少し汗ばんだ胸元をまさぐると、敏感な身体の少女は唇をぎゅっと噛み締めて艶声が漏れるのを耐えた。水分をたっぷりと含んだ若い肌の、ピチピチとした感触が指先に心地いい。みっちりと詰まった乳肉が、プニプニッと弾んでは軟らかく受け止めて...
羽のようにふわりと女体を包む巫女服でも、大きく膨らんだ乳房や左右に張り出したムッチリとした腰のボリュ... 巫女装束に身を包むその姿は、いつものように清楚でありながら、どこか艶やかで淫靡にすら映る。これから彼女を抱くのだとの思いが、そう見せてしまうのだろう。実際、羽のようにふわりと女体を包む巫女服でも、大きく膨らんだ乳房や左右に張り出したムッチリとした腰のボリュームなど、寧々のエッチな身体つきは隠しきれて...
蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる... 繊細な茶髪が千々に乱れ、扇情的な眺めに情緒的彩りも添えている。太ももの上を滑る艶尻の肌触りも心地よい。まるで上等な絹で、擦られているかのようだった。 「あんっ…ああっ、ああんっ」 唇をめくりあげ、甲高い声をあられもなく張り上げる千夏。蜂腰を持ち上げては勃起肉を、ゆっくりと双尻に沈みこませる。ムチ...
前へ後ろへとエロチックにくねる豊かな腰回りの眺め... 青年の首から手を放した佳織は背もたれの縁に指をかけ、反動をつけて腰をしゃくりだした。前へ後ろへとエロチックにくねる豊かな腰回りの眺めに、啓太は首を絞められたような息苦しさを覚える。...
あっ、ママのおっぱい……。大きくて、凄い、綺麗だ... 「それじゃ、脱がせるからね、ママ……」 「ああ、恥ずかしい……。ママ、やっぱり、自分で脱ぐわ。でも、恥ずかしいから、健太ちゃんはベッドに入って、目を瞑っていて」 「イヤだよ。僕が脱がしてあげるから」 「あうん、乱暴は、イヤ……」 健太の全身が欲望に滾っているようだった。性急な指先が、由美のサ...
大きく前方に突き出した乳房が、ぱふんと俊輔の顔に覆いかぶさった... (ああ、やっぱりおっぱい大きいんだぁ……) すらりとした細身の体型だけに、ふっくらとした胸元が余計に強調されていた。俊輔の頭を支えたまま、お粥の載った膳をテーブルごと引き寄せようと、前かがみになったため、大きく前方に突き出した乳房が、ぱふんと俊輔の顔に覆いかぶさった。...
ゆっくりゆっくりと雄々しい男性器が、突き入れられる。豊腰がヒクついた... (ああっ、刺さっている) 引き締まったペニスはやわらかな女肉を掻き分け、真っ直ぐに入ってくる。緩みとは無縁の硬直ぶりで、粘膜を押し広げていた。 (佑二さんの硬いモノを、わたくしの身体が悦んでいる) ゆっくりゆっくりと雄々しい男性器が、突き入れられる。豊腰がヒクついた。...
頭を打ち振ると、自然と上体も横に振れ、左右の乳房がプルン、プルンッと揺れた。... 「ああ、ひどいっ……」 唇を噛んで胸の前を解いた。命じられるままに両手を合わせ、上方へ伸ばしていく。豊かな乳房がポロンッと弾んで揺れた。無防備となった胸に、二人の男が顔を近づけて見入っている。「そんなに見ないでっ。見ないでっ」と頭を打ち振ると、自然と上体も横に振れ、左右の乳房がプルン、プルンッと揺...
プロポーションが凄い……。お尻は大きくないけれど、キュッと上がって形がいい……... 妙な成り行きだった。香蓮に急かされて、山の頂上への小道をのぼりながら、しかし、健太は凄まじい昂揚感に包まれていた。あけすけな言動に終始しながら、手を引いてよ、と甘える一面もある。何よりも、魅力的なのはその肢体だった。 (プロポーションが凄い……。お尻は大きくないけれど、キュッと上がって形がいい……...