右の乳首を吸い尽くすと、左の乳首へ。そうして最後には唾液まみれの乳首をいじめるように歯を立てた

吸いながら広海は、母乳をうながすように乳房を絞り上げる。そうして何度も乳首を吸うと、
「母乳、出てきちゃうぅ!」
貴和子が悲鳴を上げたように、ほんとうに母乳が出てきそうだった。広海の口の中に、甘いミルクが浸みだしてきたような錯覚が広がった。
「んん……ぷは、ぁ!んちゅ……はぁぁ」
右の乳首を吸い尽くすと、左の乳首へ。そうして最後には唾液まみれの乳首をいじめるように歯を立てた。
「キャゥ!キャァン!乳首、痛いのに、切ないのぉ!」
グミのような乳首を、ぞんぶんに甘噛みする。ようやく広海が口を離しても、貴和子の乳首は硬くしこりながらジンジンと疼いたままだった。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。