おっぱい(揉む)

天海佑人

あまりにそそる眺めで、孝典は思わず手を伸ばし、スクール水着の上から乳首を摘まんでいた。そのまま、軽めにひねる

「夕飯の支度の途中だったのでしょう、奥さん」 「え、ええ……」 正面に向き直り、静恵がうなずく。乳首がさらにとがったのか、ぽつぽつが露骨に浮き上がっている。 あまりにそそる眺めで、孝典は思わず手を伸ばし、スクール水着の上から乳首を摘まんでい...
鮎川晃

豊かな乳肉が剥き出しにされたのもつかの間、いきなり乳突起をしゃぶられて、すぐさま奈津子が反応する

「今さら了解取らないでくれる?恥ずかしいじゃない……あふう!」 豊かな乳肉が剥き出しにされたのもつかの間、いきなり乳突起をしゃぶられて、すぐさま奈津子が反応する。 「もう!久しぶりなんだから少しは遠慮しなさいっ。だ、ダメよ、そんなにちゅうち...
鮎川晃

ボディラインは昔のままだ。身につけている真っ赤なハイレグパンティと、下乳を包んだブラだけが、奈津子の成熟を物語っている

「あん……昔も、部屋に入るなりこうやって押し倒されてたっけ……もっと優しくして。ボタンが取れちゃう」 奈津子の部屋に入ると、懐かしさを噛みしめる間もなく、二人は互いを脱がしはじめる。もっとも、勇作はすでに下は脱がされていたから、全裸になるの...
鮎川晃

言いながら手を伸ばして、揺れる乳房を勇作は握る、下着の上からでさえ、そのボリュームと柔らかさは格別で、ますます生で触れたくなる

「だって、麻里亜さんのおっぱい、すごく苦しそうですよ?解放してあげなくちゃ可哀想です。それに、このビッグティッツを生で見たいし」 言いながら手を伸ばして、揺れる乳房を勇作は握る、下着の上からでさえ、そのボリュームと柔らかさは格別で、ますます...
鮎川晃

左手の指をVの字にして、ま× こをぱっくり開かせると、麻里亜は右中指を根元まで入れてみせた

「あぁ、すみません。あんまり麻里亜さんが素敵だったから……つい、我慢できなくなっちゃいました……」 麻里亜の忍び笑いに我に返り、照れ笑いを勇作が浮かべた。でも、麻里亜のま× こを見つめながら、ち× ぽをしごく手は止めない。 「別にいいのよ。...
天海佑人

ハーフカップがぱんぱんに張りつめ、そこから、魅惑のふくらみが半分近くはみ出している

孝典のペニスがブリーフの中でひくつく。エマの横に立ち、軽く揺さぶった。ううん、とうなったものの、目は覚まさない。 孝典はワンピースのフロントジッパーに手を掛けた。これを下げていくだけで、どんどんエマの肌があらわになるはずだ。女性の服はなんて...
鮎川晃

甘えた声でおねだりしながら、火照った頬をち× ぽで叩きはじめる

文子から勃起を取り返すと、涎にぬめる屹立を、その美貌になすりつける。 「さぁ、はやくう。文子さん、お願いしますよ」 甘えた声でおねだりしながら、火照った頬をち× ぽで叩きはじめる。もちろん優しくだ。ぺちん、ぴたん、みち……と、濡れた肉音が小...
天海佑人

そのまま背後から抱きつき、胸板を背中に、反り返ったペニスを双臀に、ぐりぐりとこすりつけていく

そうだ。ここで、逆ソーププレイをやろう、と孝典は思った。どうせ、松前先生は起きないのだから、ここでやった方が余計、興奮するじゃないか。 孝典はあらたなローションを奥さんの背中から双臀にかけて、掛けていく。 「あっ、だめ……」 そのまま背後か...
天海佑人

ローションでぬらぬらになった乳房が、自分の手で淫らに形を変えていくのがたまらない

「なにしているのっ。主人がいるのよっ」 驚く奥さんの裸体に、孝典は用意してきたローションを掛けていく。 「なっ、なにっ……これ……」 鎖骨から乳房、お腹から下腹の陰りに向かってローションがねっとりと流れていく。 孝典は洗い場に入ると、ローシ...
鮎川晃

背中に突っ伏し、はみ出たおっぱいを握りしめると、勇作も最後の腰を猛烈に繰りだしはじめた

「あぁ、膣襞が舐めるみたいに絡みついてくる……うぐ……ぼ、僕も駄目だあ」 背中に突っ伏し、はみ出たおっぱいを握りしめると、勇作も最後の腰を猛烈に繰りだしはじめた。 「あぁ!うぐう!ま、ま× こがめっちゃ狭くなってる!襞がぬめって……あぁ、ち...
鮎川晃

見つめながら、前妻には負けないわとばかりに、たっぷり豊かな尻肉を、いっそう淫らに振ってみせる

激しく腰を突き上げながら、汗まみれの背中越しに手を回して、揺れる乳房を揉みしだく。乳首を指でねじり刺激すると、早苗がかすれた声をあげた。うめきながらもねだるみたいに、早苗が勇作の手を、いっそう強く乳房に押し当てる。 「つ、妻になると、こうい...
天海佑人

乳首、とがってきましたよ、奥さん

孝典は乳房から手を引いた。するとまた、揉みくちゃにされていたふくらみが、お椀の形に戻る。今度はそれだけではなく、乳輪に埋まっていた蕾が芽吹いていた。 「乳首、とがってきましたよ、奥さん」 そう言って、孝典は先生の奥さんの乳房に顔を埋めていっ...
天海佑人

手を離すと、もう片方の乳首も、つんととがっているのがわかった

孝典は松前先生の奥さんの乳首を口に含むと、じゅるっと吸っていった。 「あっ、ダメッ……」 裕美の身体がぴくっと動いた。 感じてくれている。俺なんかの乳首舐めに、先生の奥さんが感じてくれている。 孝典はうれしくなり、さらにちゅうちゅうと吸って...
天海佑人

孝典は再びお椀の形を壊すべく、裕美の手を振り切るようにして、乳房を鷲掴みにしていった

ああ、これが女の人のおっぱいなんだ……なんて気持ちいいんだろう……こうして揉んでいるだけで、幸せな気分になっていく。 孝典は左手も伸ばし、もう片方のふくらみも揉んでいく。 「ああ、だめっ」 と裕美が孝典の手首を掴み、離すように押していく。 ...
天海佑人

あっさりとブラカップがついたタンクトップの胸元がめくれ、松前先生の奥さんの乳房があらわとなった

孝典はすぐに、タンクトップの細いストラップをぐっと下げていった。 「だめっ……」 あっさりとブラカップがついたタンクトップの胸元がめくれ、松前先生の奥さんの乳房があらわとなった。 それは綺麗なお椀型だった。昨日は縄で絞り上げられていて形自体...
天海佑人

タンクトップ越しとはいえ、豊満なふくらみの揉み心地は最高だった

「だから、一発やったら、帰りますから」 そう言って、孝典はさっきからタンクトップの下で揺れている魅惑のバストを、むんずと鷲掴みにしていった。 「だめっ……揉まないでっ……」 それは無理な話だった。タンクトップ越しとはいえ、豊満なふくらみの揉...
鮎川晃

恵子よりは小振りの、しかし形のいい乳房を、勇作は揉みながら舐め回す

「ぷはあ……今度はおっぱいにもキスしていいですか?この可愛いおっぱいを、唇で確かめたくなっちゃったんです」 早苗の耳元に囁きながら、勇作は手を胸にやる。汗ばんだ肌は、掌に吸いつくほど滑らかだった。 「こんな時につまらないこと訊かないでくださ...
天海佑人

いつの間にか、左右の乳首がぷくっとしたとがりを見せていた

これまでおとなしかったのは、これまで童貞だったのは、きっかけがなかっただけだ。きっかけがあれば、こんな俺でも獣になってしまうんだ。それがやりたい盛りの男子なんだ。 「乳首、さっきよりずっと、とがってきましたよ。感じているんですか。僕の愛撫に...
天海佑人

縄で絞りあげられている人妻の乳房はぱんぱんに張っていた

孝典のブリーフの中で、またペニスが動く。どろりと我慢汁がにじんでいく。 孝典は柱に縛りつけられている松前先生の奥さんに近寄った。背後にまわることなく、縄で絞りあげられている乳房に手を伸ばしていた。 それは考えてやったことではなかった。考えて...
鮎川晃

汗ばんだ文子の背中に突っ伏すと、ぶら下がっている乳房を掴む

「た、高野さんだって素敵ですわ!大きくて逞しくて、そ、それに……あぁ、すごくいやらしい腰つきが……ひぐ……私を……んぐ!……お、女にしてしまふの」 「これでもまだ、寂しい女のままの方がよかったですか?ち× ぽなんかいりませんでしたか?」 汗...