貴和子はシックスナインのクンニリングスから上体を起こし、いまは膝を着いて広海の顔の上に乗ったような状態

広海さえも驚き、戸惑うその形。
洗い場のマットの上、仰向けになった広海の上に、母娘が向かい合って跨っている。
母・貴和子はシックスナインのクンニリングスから上体を起こし、いまは膝を着いて広海の顔の上に乗ったような状態。
娘・彩菜は言うまでもなく、対面騎乗位で広海の腰の上に跨っていた。同じ広海の身体の上にのしかかりながら向かい合うふたりの間には、ほとんど隙間がない。
というより、そのままで肌と肌が触れ合い、ぶつかるほどだ。身をかわすことなどできない。
そのうえ、貴和子は肉裂をクンニリングスされ、彩菜は肉棒をみっちりと膣に収めたまま、自らピストンで揺れ動く。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。