が・顔面騎乗(裸)

御堂乱

肛門を見せたまま尻を振るという恥態をさらした弥生は、もう失うものなど何もないと感じている

「や、やめて……お嬢さまを傷つけないでッ」 弥生は尻を向けたまま慄えあがった。 「だったらやるんだ。さあ、床に四つん這いになれ」 竜二がドスのきいた声で命じた。 弥生の官能美あふれる裸身が床に這うと、 「そのままこっちへ這って来い...
小鳥遊葵

馬乗りになった若い女の尻が激しく上下し、その女は背を弓なりにして、健太の肉棒から送り込まれる愉悦に身を震わせていた

「えっ!?だ、誰?健太……」 「健太ちゃん、あなた……」 三人の男女の声が交差する。 由美は信じられない光景を目にし、二の句が継げなかった。 (履物がなかったから、健太ちゃん、一人だと……。それにしても、なんて、積極的な……) 由...
小鳥遊葵

香蓮のお尻、熟女のようにぽってりとした脂はまだ薄いけど、でも、新鮮な果実のようだ……

「それに、咲枝さんは、僕にもいっぱい、おっぱいも触らせてくれたし、おま×こも舐めさせてくれた……」 「ああん、なんて露骨なこと言うのよ、健太は……。わかったわよ。おっぱいでもどこでも、勝手にしゃぶったり舐めたりすればいいでしょう」 「う...
羽沢向一

彩海の両脚が尚樹の顔をまたぎ、マットに膝をついた

彩海がすばやくマットの上に乗った。空気でふくらませたビニールが沈んでは跳ねて、寝ころんだ尚樹が揺れる。彩海の両脚が尚樹の顔をまたぎ、マットに膝をついた。 「うわあ」 尚樹は感嘆の声をあげた。顔のすぐ上に、彩海の股間がある。開いた太腿の中...
巽飛呂彦

貴和子のヒップが顔中に密着して塞ぎ、広海の視界はゼロだ

クンニリングスのほうでも、自在に踊る貴和子の腰を、もう一度がっちりとつかんだ。そうしておいて、 「んん!んぶぶ、ぶぶちゅ、ちゅばぁ!」 こっちも猛然と舌でえぐり上げていく。 貴和子のヒップが顔中に密着して塞ぎ、広海の視界はゼロだ。あと...
巽飛呂彦

完全な顔面騎乗の上、貴和子のボリュームたっぷりのヒップごとぐいぐい押しつけられる肉裂

完全な顔面騎乗の上、貴和子のボリュームたっぷりのヒップごとぐいぐい押しつけられる肉裂。蜜に濡れきった小陰唇が往復し、広海の顔を洗う。膣前庭までもが頬や鼻先をなぞりあげていく。 もう広海は、口を開けているだけでせいいっぱいだ。ときおり舌をそ...
巽飛呂彦

貴和子のほうから腰を落とし、そのうえ腰を振りたくっていく

貴和子の肉裂を貪っていた広海が呻いた。 不意に、貴和子の肉裂が降ってきて、顔面に押しつけられたのだ。 それまでは、広海のほうから貴和子の膣前庭も、肉芽も、なめ尽くし、苛んでいた。 それが、彩菜が自分から騎乗位で肉棒をピストンするのに当...
巽飛呂彦

貴和子はシックスナインのクンニリングスから上体を起こし、いまは膝を着いて広海の顔の上に乗ったような状態

広海さえも驚き、戸惑うその形。 洗い場のマットの上、仰向けになった広海の上に、母娘が向かい合って跨っている。 母・貴和子はシックスナインのクンニリングスから上体を起こし、いまは膝を着いて広海の顔の上に乗ったような状態。 娘・彩菜は言う...
櫻木充

美臀をおろし、愛液にふやけたラビアを唇になすりつける

「フフフ、まだこんなに元気……ねえ、慎ちゃんも、お願い」 美臀をおろし、愛液にふやけたラビアを唇になすりつけると、加南子は鼻を鳴らすような媚声でクンニリングスをせがんだ。
タイトルとURLをコピーしました