腰を前へ突き出し、射精を求めるペニスを尻へとぶつける

彩海の股間にあるものは、どれもこれもすべて敏感そうで、愛撫を求めてかわいく鳴いているように、尚樹には思える。
二つとない絶景をもっとながめていたいという思いもあった。だが身体は突撃をはじめた。タイミングを計ったように尻たぶから離れた彩海の手と入れ替わりに、尚樹は尻肉に十本の指を食い入らせる。腰を前へ突き出し、射精を求めるペニスを尻へとぶつける。バスルームのときとは違い、今度はすんなり亀頭が膣口に収まり、肉棒全体が濡れた粘膜の奥まで突進した。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!