隣り合った膣洞と直腸に、同時に挿入を受けていた

妹の指が、豊乳を強く揉み絞った。這った女体はよじれ、それが肉交を再開する合図となった。
「ああっ、奥さまをママと呼べる日が来るなんて……ママッ」
佑二は感動の声を上げ、素早く腰を振り立てた。窄まりのなかに、指が浅く沈められていた。排泄の穴を刺激され、括約筋が収縮する。膣肉までもが緊張を強いられ、嵌入摩擦はさらに跳ね上がった。バック姦の快美が身に染みる。
(あうう……両方、犯されているっ)
隣り合った膣洞と直腸に、同時に挿入を受けていた。汚辱感を伴った二穴責めの感覚に、花穂子の双臀は打ち震える。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!