突っ伏して、顔をベッドシーツに埋め、高々と尻を健太の目の前に掲げた

「ママ、ママのおま×こで、僕のミルクを受け止めて……。それと……」
由美は「分かってるわよ」と声に出さずに、口の動きだけで健太に伝えた。
(健太ちゃん、約束したお尻の孔での交わりは、今夜よ……。いまはママのおま×こで、健太ちゃんのミルク、搾り取ってあげる……)
「健太ちゃん、ママ、上に乗る?それとも……」
「ママ、後ろからしよう……。でも、最後は僕が上になる。いいでしょう……」
由美は大きくうなずいて、自ら獣の姿勢になる。突っ伏して、顔をベッドシーツに埋め、高々と尻を健太の目の前に掲げた。
「ああん、あたしの前で、そんなこと……」
抗議めいた口調の香蓮の目はとろんとしていた。その目が健太と、由美の掲げた尻に注がれていた。健太は膝立ちのまま義母ににじり寄る。義母はシーツに押し付けた顔で体を支え、両手を尻に回すと、自ら割れ目を拡げた。
「ああ、おばさん、いやらしい……。ああ、でも、見てていいでしょう……。お、おばさん、凄く綺麗……。ああ、健太のおちん×ん、おばさんが自分で拡げたおま×こに、刺さってい、いくぅ……」
由美は香蓮の視線を感じて、一層昂ぶりを強めていた。
「あぅっ、健太ちゃん、いつでも、好きなときに、ママのおま×この中に、生でしぶかせて……」
その声に惹き寄せられたように、再び身を起こした香蓮が、ベッドと由美の体の隙間に手を挿し込み、揺れ動く由美の肉乳を揉み始めていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

硬くなりだした股間の一物を若妻のお尻に擦りつける... 啓太はさらに身体を寄せ、しつこいほどに乳をこねながら、硬くなりだした股間の一物を若妻のお尻に擦りつける。...
黒いビキニで包まれた乳房が手のひらにむにゅっと触れる... ちえりは宣英の手をとると、自分のバストへと運んだ。黒いビキニで包まれた乳房が手のひらにむにゅっと触れる。その中心部は少女の興奮をあらわにしてぽっちりと勃ち上がってしまっていた。...
教え子に揉まれる乳房が、指に媚びるようにたわみ、歪み、形を変え続ける... 「はっんんん、他人に触られるのが、こんなにも気持ちのいいものなんて、忘れていたわ!ああ、たまらない!」 尚樹の指の動きに合わせて、静子先生も上体をくねらせた。教え子に揉まれる乳房が、指に媚びるようにたわみ、歪み、形を変え続ける。...
ちょうど尻エクボの窪みに親指を這わせると、ひときわ強く、激しく腰を打ち付けていった... 「ぅ、ん!」 広海は両手でがっちりと彩菜の腰をつかむ。ちょうど尻エクボの窪みに親指を這わせると、ひときわ強く、激しく腰を打ち付けていった。ズッ!ズチッ、ズチッ、ズシャッ!ズチャン、ズチャン、ドチュ、ン!蜜まみれの膣擦れの音も生々しく、縦横無尽に叩き込まれる肉棒。 パンパンパン!パンパンパンパン、...
健太の手によって乳の上に置かれた三本のバイヴに手をやる義母の表情が蕩けはじめているようだった... 「ま、ママ……。三本も、バイヴが……」 「うううっ、言わないで、健太ちゃん……。ママだって、死ぬほど恥ずかしいことをしようとしているのよ……。ああ、どうしましょう……。あたし、ああ、健太ちゃんの、母親なのに……。健太ちゃんに、こんなこと……」 健太の手によって乳の上に置かれた三本のバイヴに手をや...
舌で乳輪をくぽくぽと乳にめり込ませれば... 乳を揉みしだき、乳首を吸い、乳輪の盛り上がりをねろん、ねろんと舐め倒して訴える。可愛さあまって肉欲百倍。恥ずかしがって尻を振る年上の娘に痺れるような痴情を覚え、円の縁を抉るように、舌で乳輪をちろちろとなぞる。ネチネチとした言葉の責めまで繰りだされ、真帆もまた、確実に昂り始めていた。舌で乳輪をくぽくぽ...
部屋着のタンクトップの上からぐにゅぐにゅと揉みしだく... 漏れる吐息をひそめている少女のバストに手を伸ばすと、部屋着のタンクトップの上からぐにゅぐにゅと揉みしだく。...
指示通り腰を高く上げる事で、彼の顔に下着姿の尻がより迫る格好となった... 思いきり引き上げ広げた襦袢裾を、左右の手に各々抱え、握り締め。蓋の閉じた便座に向かい腰を折る。真後ろに立つ堂本に自ずから尻を差し出す、破廉恥極まりない姿勢。指示通り腰を高く上げる事で、彼の顔に下着姿の尻がより迫る格好となった。...
がむしゃらな指の動きに合わせて、二つの豊満な乳房が上下左右に大きく揺れ、柔肉がぷるぷると震動する... 「彩海さん、ああ彩海さん!」 ひとりでに尚樹の口から名前が飛びだし、やみくもに左右の乳房を揉みたてる。がむしゃらな指の動きに合わせて、二つの豊満な乳房が上下左右に大きく揺れ、柔肉がぷるぷると震動する。...
両手の指が、透けたブラジャーを力まかせにつかんだ... 両手の指が、透けたブラジャーを力まかせにつかんだ。普段の尚樹なら、けっしてやらない乱暴な動きだ。はじめて感じる未知のやわらかさが十本の指と二つの掌に広がり、その勢いのまま彩海の身体をタイルの床に押し倒した。 彩海がうまく受け身を取らなければ、後頭部を硬い床にぶつけて、大惨事になっていただろう。その...