突っ伏して、顔をベッドシーツに埋め、高々と尻を健太の目の前に掲げた

「ママ、ママのおま×こで、僕のミルクを受け止めて……。それと……」
由美は「分かってるわよ」と声に出さずに、口の動きだけで健太に伝えた。
(健太ちゃん、約束したお尻の孔での交わりは、今夜よ……。いまはママのおま×こで、健太ちゃんのミルク、搾り取ってあげる……)
「健太ちゃん、ママ、上に乗る?それとも……」
「ママ、後ろからしよう……。でも、最後は僕が上になる。いいでしょう……」
由美は大きくうなずいて、自ら獣の姿勢になる。突っ伏して、顔をベッドシーツに埋め、高々と尻を健太の目の前に掲げた。
「ああん、あたしの前で、そんなこと……」
抗議めいた口調の香蓮の目はとろんとしていた。その目が健太と、由美の掲げた尻に注がれていた。健太は膝立ちのまま義母ににじり寄る。義母はシーツに押し付けた顔で体を支え、両手を尻に回すと、自ら割れ目を拡げた。
「ああ、おばさん、いやらしい……。ああ、でも、見てていいでしょう……。お、おばさん、凄く綺麗……。ああ、健太のおちん×ん、おばさんが自分で拡げたおま×こに、刺さってい、いくぅ……」
由美は香蓮の視線を感じて、一層昂ぶりを強めていた。
「あぅっ、健太ちゃん、いつでも、好きなときに、ママのおま×この中に、生でしぶかせて……」
その声に惹き寄せられたように、再び身を起こした香蓮が、ベッドと由美の体の隙間に手を挿し込み、揺れ動く由美の肉乳を揉み始めていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

Cカップ、といったところだろうか。母親の貴和子のHカップに較べればずいぶん小さい。が、それが彩菜らし... そのうえ、広海は彩菜のセーラー服の上着をたくしあげると、ブラのスナップを背中で外してしまう。たまたま肩のストラップのないタイプだったせいで、ブラはそのまま落ちて、彩菜の裸の胸が露わになる。すぐに広海の手が伸びて、バストの膨らみをふたつとも、両手でいっきにすくい上げた。 「ぁぁ、ん!」 きれいなお...
谷間で引き絞られた細い布地がツルツルと剥かれていく。これで巨尻は丸裸だ。... 「け、結構ですっ。脱ぎますっ。自分で脱ぎますからっ」 顔と両膝の三点で支えるという不自然な姿勢も顧みず、左右の手をTバックにかけた。もうここまで来てしまった以上、どこまでさらしても同じだという諦念が頭のなかで渦を巻いている。谷間で引き絞られた細い布地がツルツルと剥かれていく。これで巨尻は丸裸だ。 ...
まだ萎えない肉棒の鰓が、咲枝の膣内の襞を絡められ、思わず声が出そうなほどの悦感に、一度肉棒を奥まで挿... 健太は思い切って、肉棒を抜いた。 「ああ、お魔羅の鰓が凄いから、抜くときにひっかかり、ああ、気持ち、いい……」 それは健太も感じたものだった。まだ萎えない肉棒の鰓が、咲枝の膣内の襞を絡められ、思わず声が出そうなほどの悦感に、一度肉棒を奥まで挿し込んだほどだった。 「ああ、凄かった……。ああん、...
下を向いていることでより一層ボリュームを増している美波の膨らみ... ちえりは両手を伸ばすと、下を向いていることでより一層ボリュームを増している美波の膨らみを、たぷたぷと下から揉み始めた。後ろからは獣のような格好で宣英に突き上げられ、前からは幼馴染の少女に唇を奪われながら性感帯のバストを嬲られる。つい先日まで処女だった初心娘には、あられもない痴態だ。...
尚樹の顔に近づけた尻の左右の肉を、彩海自身の両手がつかんだ... 尚樹の顔に近づけた尻の左右の肉を、彩海自身の両手がつかんだ。上半身を顎で支えて、指を二つの尻たぶにしっかりと食いこませる。乳房の縦横無尽な柔軟さではなく、みっちりと肉がつまった重いやわらかさが際立った。...
比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした... 「奥寺さん。私、なんでもしますっ。なんでもしますから、それだけは……」 比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした。 「よく言った。じゃあ、マネージャーにおまえのケツを差しだせ。それがおまえの最後の誠意だ」 「あ、ああ……とうとう……」 どっとばかりに肛悦への希求が胸奥で燃えあが...
もっと乳首と乳房を気持ちよくしてあげるよ... 「もっと乳首と乳房を気持ちよくしてあげるよ」 尚樹は一度乳首を離すと、両手で左右の乳房をわしづかみにした。大人の手にも収まりきらない巨乳の肉が、指の間からぷりぷりとあふれ出る。 彩海は美貌にどっと汗を噴き出し、左右にふりたくった。 「うんっ、んあああっ、胸がつぶれちゃうわ!」...
教え子に揉まれる乳房が、指に媚びるようにたわみ、歪み、形を変え続ける... 「はっんんん、他人に触られるのが、こんなにも気持ちのいいものなんて、忘れていたわ!ああ、たまらない!」 尚樹の指の動きに合わせて、静子先生も上体をくねらせた。教え子に揉まれる乳房が、指に媚びるようにたわみ、歪み、形を変え続ける。...
左右の親指で尻の谷間をこじ開け、情欲が訴えるまま股座に顔面を寄せ... ビクビクと男根をしゃくらせ、五本の指先を尻肉にめりこませる。左右の親指で尻の谷間をこじ開け、情欲が訴えるまま股座に顔面を寄せ、さらには、クロッチに触れるか触れないかのところでクーンと大きく小鼻を膨らませる。...
慎也に向かって軽くヒップを突きだしてみせる... 「後ろはどうかしら?ヒップアップのショーツだし、引き締め効果もあるらしいから、お尻がちょっと小さく見えると思うんだけど」 下着の機能性を口にして、加南子はクルリと身を翻した。決して破廉恥なことではないからと、遠慮せずに見てもいいのだと遠まわしに言い伝え、慎也に向かって軽くヒップを突きだしてみせる。...