突っ伏して、顔をベッドシーツに埋め、高々と尻を健太の目の前に掲げた

「ママ、ママのおま×こで、僕のミルクを受け止めて……。それと……」
由美は「分かってるわよ」と声に出さずに、口の動きだけで健太に伝えた。
(健太ちゃん、約束したお尻の孔での交わりは、今夜よ……。いまはママのおま×こで、健太ちゃんのミルク、搾り取ってあげる……)
「健太ちゃん、ママ、上に乗る?それとも……」
「ママ、後ろからしよう……。でも、最後は僕が上になる。いいでしょう……」
由美は大きくうなずいて、自ら獣の姿勢になる。突っ伏して、顔をベッドシーツに埋め、高々と尻を健太の目の前に掲げた。
「ああん、あたしの前で、そんなこと……」
抗議めいた口調の香蓮の目はとろんとしていた。その目が健太と、由美の掲げた尻に注がれていた。健太は膝立ちのまま義母ににじり寄る。義母はシーツに押し付けた顔で体を支え、両手を尻に回すと、自ら割れ目を拡げた。
「ああ、おばさん、いやらしい……。ああ、でも、見てていいでしょう……。お、おばさん、凄く綺麗……。ああ、健太のおちん×ん、おばさんが自分で拡げたおま×こに、刺さってい、いくぅ……」
由美は香蓮の視線を感じて、一層昂ぶりを強めていた。
「あぅっ、健太ちゃん、いつでも、好きなときに、ママのおま×この中に、生でしぶかせて……」
その声に惹き寄せられたように、再び身を起こした香蓮が、ベッドと由美の体の隙間に手を挿し込み、揺れ動く由美の肉乳を揉み始めていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

五本の指をいっぱいに開き、揉んで、揉んで、揉んで、揉みまくる... 指は痺れたようになってしまっている。少し力を入れると、カップに覆われていない裸の乳房の中に、むにゅっと埋もれていく。だが、反発して元に戻ろうとする勢いも相当なもので、だからこそ、ぽにょんぽにょん、という妙なる感触が生まれる。雅也はすぐ、夢中になった。右手を激しく動かし、女子高生のFカップを堪能する。...
片方の乳を生臭い唾液でドロドロに穢し抜くや、すかさずもう片房を征服しにかかる... 啓太の乳揉みと乳首舐めは、尻上がりに熱っぽさとしつこさを増した。片方の乳を生臭い唾液でドロドロに穢し抜くや、すかさずもう片房を征服しにかかる。もちろん、二つのおっぱいを休むことなくまさぐりながらだ。...
ぐっと尻肉を開くと、ひくひくと動く尻穴が曝け出された... じゅぶっじゅぼっじゅぽっ。つい先日、貫通したばかりの美波の初心穴に初めて経験する3Pの興奮で剛直しきった肉竿が出入りする。ぐっと尻肉を開くと、ひくひくと動く尻穴が曝け出された。そこに指先でぺとりと触れると、美波は、腰を反らせて背筋でおののいた。...
臀丘を掴んだ佑二の指の一本が、ススッと尻たぶの内へと入り込んだ... 「こっちもさわったのかな」 臀丘を掴んだ佑二の指の一本が、ススッと尻たぶの内へと入り込んだ。 (そ、そこはっ……) 花穂子の身に焦りが走った。一番さわって欲しくない不浄の器官に、佑二の指が近づく。花穂子は恭順を示すように、白いヒップをクンと高く掲げた。...
掴まれた肉が左右に割れ広がり、尻の谷間が暴かれ... 掴まれた肉が左右に割れ広がり、尻の谷間が暴かれる。獣性溢れる牡の眼光のすぐ先で、露わとなった窄まりが怯え縮こまっていた。個室内にこもる熱と、牡の手指の熱に煽られて、小さな窄まりはヒクヒクと収縮を繰り返す。...
尚樹の顔に近づけた尻の左右の肉を、彩海自身の両手がつかんだ... 尚樹の顔に近づけた尻の左右の肉を、彩海自身の両手がつかんだ。上半身を顎で支えて、指を二つの尻たぶにしっかりと食いこませる。乳房の縦横無尽な柔軟さではなく、みっちりと肉がつまった重いやわらかさが際立った。...
尻を背後の尚樹へ突き出し、犬がしっぽを振るように、むっちりと張った豊臀を左右にくねらせる... 彩海が立ち上がり、背中を向けて、キッチンシンクの縁に両手をついた。尻を背後の尚樹へ突き出し、犬がしっぽを振るように、むっちりと張った豊臀を左右にくねらせる。赤いマイクロミニの裾がひらひらとはためいて、純白のアンダースコートの光沢がキラキラと覗いた。...
熟れたヒップは、押し潰されるような官能に打ち震えた... 佑二は昂った声を発し、もっと深く繋がりたいというように、密着状態から円を描いて肉茎を埋め込んできた。子宮を圧され、子宮口を擦られる。 (だめっ、ぐりぐりしてはだめぇっ) 熟れたヒップは、押し潰されるような官能に打ち震えた。奥を小突かれた後、一気に引き抜き、また勢いよく差し込まれる。鮮烈な圧迫と摩...
反作用で膝が伸びて、尻がより高く掲げられる... 彩海の上体が前に傾き、顎をタイルにつけた。反作用で膝が伸びて、尻がより高く掲げられる。ワンピースの布から移った水滴がいくつも、白い尻たぶの上できらめく。...
右の乳首を吸い尽くすと、左の乳首へ。そうして最後には唾液まみれの乳首をいじめるように歯を立てた... 吸いながら広海は、母乳をうながすように乳房を絞り上げる。そうして何度も乳首を吸うと、 「母乳、出てきちゃうぅ!」 貴和子が悲鳴を上げたように、ほんとうに母乳が出てきそうだった。広海の口の中に、甘いミルクが浸みだしてきたような錯覚が広がった。 「んん……ぷは、ぁ!んちゅ……はぁぁ」 右の乳首を...