すごい!おっぱいだけが前に突き出してる!!

「すごい!おっぱいだけが前に突き出してる!!」
その膨らみは、大きめのグレープフルーツといったところか。むにゅんと寄せられた乳肉が、ぴかぴかと光沢を帯びながら深い谷間をなしている。
ブラジャーの色は濃紺。カップの部分に、花をモチーフにした瀟洒な刺繍が施されている。白い乳肌と好対照をなし、色っぽいことこの上ない。
今にもブラから零れ出しそうな膨らみは、俊輔の理性を粉々に打ち砕いてしまうほど魅力に溢れていた。我慢しきれず、腹筋の力だけで上体を起こすと、膨らみに誘われるように顔を近づけた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!