ブラジャー

北都凛

なめらかな乳房は魅惑的な谷間を形成し、人妻らしいムンッとする色香を放っていた

「ああ、いやです……脱がさないで」 華奢な肩が剥きだしになり仰向けに転がされると、パールピンクのブラジャーに包まれた胸もとが露わになる。 主婦モデルをしているだけあって、染みひとつない綺麗な肌だ。全体的にスラリとしているが、決して痩せす...
庵乃音人

ブラジャーのなかで色白の肉実をくっつけあった乳房は、バスが揺れるたびに一緒になって震え、すべすべした丸い肉を波打たせた

「うっ、うーん……」 (あっ……) 小さく呻きながら祈里が身をよじる。そのせいで、たわわな乳房がぷにゅうっと貴史の腕に押しつけられた。 (えっ。せ、先輩のおっぱいが……嘘だろ。あぁ、柔らかくて……温かい……) 腕に感じる豊満な乳房の...
御堂乱

下着の締めつけから解放された白い乳房が二つブルンッと音を立てんばかりにまろび出てきた

ボタンを外し終えて、ブラウスの前をはだけると、眩いばかりの真珠肌を盛り上げた志津子のバストがさらされた。 「ひょおおっ、こいつはすげえ!」 生唾ものの美巨乳に、昌平が感嘆の声をあげた。 フルカップのブラジャーは上品なピンクベージュ。総...
北條拓人

羽織ったままの白衣ごとブラウスを背中の方に落とし、艶めいた両肩を露わにされた

やさしい俊輔の手が、羽織ったままの白衣ごとブラウスを背中の方に落とし、艶めいた両肩を露わにされた。布地がそのまま床に落ちきらず、二の腕に引っ掛かったのが、我ながら淫靡な風情に思えた。 「深佳さん、きれいだあ……」 胸元にはまだストラップ...
北條拓人

その直下から丸く大きく張り出した膨らみを、純白のブラジャーがやわらかく覆っている

儚いまでに細い鎖骨。その直下から丸く大きく張り出した膨らみを、純白のブラジャーがやわらかく覆っている。レース飾りの施されたストラップレスタイプのデザインは、奥ゆかしくも上品で、先端部を隠していても乳房の魅力をまるで損なわない。羞恥に染まって...
北條拓人

すごい!おっぱいだけが前に突き出してる!!

「すごい!おっぱいだけが前に突き出してる!!」 その膨らみは、大きめのグレープフルーツといったところか。むにゅんと寄せられた乳肉が、ぴかぴかと光沢を帯びながら深い谷間をなしている。 ブラジャーの色は濃紺。カップの部分に、花をモチーフにし...
羽沢向一

今、はじめて、静子先生のブラジャーが解放される

指をきれいにすると、静子先生のトレードマークであるライトグレイのスーツのボタンをはずして、前をはだけた。間を置かずに、白いブラウスのボタンもはずしていく。ブラウスまでは、尚樹もこの夏休みに何回も目にした。今、はじめて、静子先生のブラジャーが...
羽沢向一

熟した巨乳を黒く彩るブラジャーは、ハーフカップ以下のサイズで、かろうじて乳首と下乳だけを隠している

熟した巨乳を黒く彩るブラジャーは、ハーフカップ以下のサイズで、かろうじて乳首と下乳だけを隠している。薄いレースは内側の白い乳肉と溶け合い、艶めかしい色合いを生みだしていた。 ギリギリで隠されている乳首は、一日がかりのバイブの刺激で、まだ一...
羽沢向一

あらわになった静子先生のブラジャーは、なんの装飾もない白いカップが二つ連なって、乳房全体を包みこんでいるだけだ

「ああっ、大きい!」 あらわになった静子先生のブラジャーは、なんの装飾もない白いカップが二つ連なって、乳房全体を包みこんでいるだけだ。毎日、彩海のきわどくセクシーな下着を見ているおかげで、かえって新鮮に感じる。 しかしブラジャーのサイズ...
羽沢向一

成熟した肉体を飾るブラジャーのカップは、充分に大きなサイズなのに、中に収納された乳房は窮屈そうに見える

成熟した肉体を飾るブラジャーのカップは、充分に大きなサイズなのに、中に収納された乳房は窮屈そうに見える。寄せられた胸の谷間は吸いこまれそうに深く、カップの上部からはみ出した胸は、見つめる少年を誘うように盛り上がっている。 ブラジャーを弾き...
タイトルとURLをコピーしました