ぜ・絶頂

御堂乱

志津子は喚きたてて白目をむき、今にも気をやらんばかりにガクン、ガクンと双臀を跳ね上げた

「あわわ、あわわわッ……ヒエエッ」 志津子は喚きたてて白目をむき、今にも気をやらんばかりにガクン、ガクンと双臀を跳ね上げた。もう自分自身の身体ではないかのようだった。
御堂乱

牡の硬い下腹が、牝の張りつめた尻肉に当たって生じるパチンパチンという破裂音に混じって、ヂュボッ、ヂュボボッ……ヂュボッ、ヂュボボッと淫らな汁音が響きはじめた

「ぬおおッ、知美ッ、知美いいッ」 娘の名を連呼しながら、浩の肉のストロークはピークに達した。若い牝肉の甘美で妖しい収縮に我れを忘れ、一匹の性獣と化していた。牡の硬い下腹が、牝の張りつめた尻肉に当たって生じるパチンパチンという破裂音に混じっ...
庵乃音人

激しく肉莢を擦ると、勃起した肉豆がズルリと莢から剥け、ピンク色の芽を晒した

想像のなかの貴史は「夏海……」と興奮した声で呼びつつ、股の間に身体を割り込ませた。夏海は雄々しく勃起したペニスの先端が肉ビラを掻き分け、膣穴のとば口に亀頭を密着させる様を思い描く。 「あぁ、だめ……初めてなの。あたし、経験ないの。お姉ちゃ...
御堂乱

めくるめく肉の愉悦に、焦らされていた人妻の女体は一気に頂点へと駆けあがった

人妻の柔らかい舌と甘い唾液を堪能すると、いよいよ本格的な責めに入った。 故意に浅くしていた突き上げを、容赦なく最奥に打ちこみはじめた。 「ああっ、す、すごいっ」 ドスンッ、ドスンッと打ちこまれて、志津子は歓喜の声をあげた。 「奥に…...
鳴瀬夏巳

ああっ、お尻もっ……おっ、おっ、お尻にっ、お尻に響くっ、響いちゃうううっ!…

バイブの直撃が襲ったのは、まさにその瞬間だった。凄まじい波動を恥肉と肛肉に受け、恵里子はたまらず股間を押さえた。 「あっ、あああっ!やめてえっ!あっ、あっ、あそこがっ……ああっ、お尻もっ……おっ、おっ、お尻にっ、お尻に響くっ、響いちゃうう...
北條拓人

わんわんと乳首がわなないたかと思うと、びくびくびくんと派手に背筋を震わせて気をやる

熱い掌に背筋をつーっと掃かれ、びくんと背筋を震わせ絶頂を迎える。太もものやわらかい内側をすすっと撫でられ、ひくひくっと内ももが痙攣し昇り詰める。密着させた身体の間に手指が挿し込まれ、乳房をきゅきゅっと揉み潰される。わんわんと乳首がわなないた...
北條拓人

熟女特有のやわらかさ、極上の手触り、それでいて張りとサイズはピチピチのグラビアアイドル並みなのだ

「んんっ、あ、あぁ、あん、ああん……だめ、おっぱい破裂しちゃいそう……」 甘い呻き、悩殺的な女体のくねり。美しく整った理知的な美貌が、はしたなくよがり崩れるのだからたまらない。殺人的なまでの色っぽさに、早くも俊輔は、射精してしまいそうなや...
北條拓人

ふつふつと湧き上がる昂奮に、我を失いながら俊輔は、乳房を根元からしごいた

ふつふつと湧き上がる昂奮に、我を失いながら俊輔は、乳房を根元からしごいた。 「あっ、あっ!!またイクっ、イクっ!!イクぅうううううううう~~っ!」 絶叫と共に、ガクガクガクーンと、女体が汗を飛ばしてのけ反った。
北條拓人

どぴゅどぴゅぴゅっとまき散らされた熱い白濁が、膣全体にじゅわわっと広がり、子宮にべったり付着した

「あんっ、あぁんっ、ふううっ、あううっ、はああぁあああああ~~っ!!」 どぴゅどぴゅぴゅっとまき散らされた熱い白濁が、膣全体にじゅわわっと広がり、子宮にべったり付着した。 「あふぅんっ!あ、熱いっ!いやん、またイクっ、ああまたイッちゃう...
北條拓人

ふっくら艶めく唇を半ば開かせながら、情感たっぷりにわななかせていた

「ひうううっ……ふ、深いいっ……奥まで届いてるうぅ」 目元をつやつやのリンゴさながらに上気させ、可憐な上目遣いも一途に、俊輔をじっと見つめてくるのだ。それでいてアーモンド形のぱっちりした瞳は、潤み蕩けてほとんど焦点を失っている。ふっくら艶...
タイトルとURLをコピーしました