牝肉を割られる忌まわしい感触に、理香は天を仰ぎ、ヒップを収縮させた

拘束された身では限界がある。指は恥裂をまさぐり、念入りに馴致するようにくつろげ、ズブリと膣洞内部へ食い入った。牝肉を割られる忌まわしい感触に、理香は天を仰ぎ、ヒップを収縮させた。磔の女体が弓なりに反って硬直を余儀なくされた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!

関連する言葉

パンティーのクロッチから指を忍び込ませる... パンティーのクロッチから指を忍び込ませると、ねっちょりと潤んだ肉襞が指先を包み込んだ。指先を跳ねるように動かして、くちゅくちゅと音を鳴らすと凪子が羞恥で身体を震わせる。...
ほんの少し入れていくたびに、加奈子のヒップは、ぴくん、ぴくん、と小刻みに震える... ゆっくり、ゆっくり、と心に念じながら、雅也は指を動かす。ほんの少し入れていくたびに、加奈子のヒップは、ぴくん、ぴくん、と小刻みに震える。それが気持ちよさを現しているのか、恐怖や痛みを伝えているのか、雅也には判断ができない。ただ、本当に無理な場合は、フェラを中断して訴えてくるだろうとは思っていた。...
乳房を掴んでいる手のひらに、ぎゅっと力が入る... 布団から畳にはみ出した足先がピンと伸び、乳房を掴んでいる手のひらに、ぎゅっと力が入る。陰部を摩っている指先の動きが速くなり、くちゅくちゅという水音が淫靡に響く。やがて凪子は大きく腰を前へと突き出し、びくんと背筋を仰け反らせた。白い喉をぐっと仰け反らせ、十秒ほど身体全体をぶるぶると細かく痙攣させていた...
泥濘を指先で拭うと手探りで肉豆を探る... 決して嘘ではないようで、とろとろと蕩けそうな微温の沼の入り口をそっと掻き回すと、柔らかそうな唇が半開きになって、同じく濡れた舌と小さな八重歯とがちらりと覗いた。さすがに処女らしく、今まで何者の侵入をも許していない膣口はまだ堅い。まずは性感をほぐしてからと、泥濘を指先で拭うと手探りで肉豆を探る。...
小刻みな収縮を繰りかえし、指に絡みついてくる肉襞の感触... 慎也は肉棒を脈打たせつつ、あらためて女陰を観察した。女性の性器も充血するのか、先ほどよりも粘膜が赤らんでいるように思える。 (ここに、俺のを……) 白んだ愛液を滲ませている膣穴に、おずおずと右の中指を突き立てる。 襞を掻き分けるようにして、根元まで膣内に埋めこむ。 (うわぁ、柔らかい……それ...
親指でクリトリスをくりくりと弄くりつつ、指を出し入れする... 美波の中心部へと中指を伸ばすと、そのままゆっくりと差し込んだ。親指でクリトリスをくりくりと弄くりつつ、指を出し入れするとじゅぶぶっ、と粘液が溢れ出してくる。...
臀の割れ目を腕に擦りつけるようにして手首を返し、ぴんと立たせた中指で、やわらかな肉帳を割ったのだ... 惜しげもなく裸身を晒し並び立つ二人を、俊輔は両腕に抱き寄せた。 「あん!」 「はん……」 バイトで鍛えた広い胸板に、華奢な女体が溺れる。 首をぐっと折り曲げ、交互に朱唇を掠め取った。 薄い肩を腋の下に抱え込むようにして、グイッと腕を伸ばし、二つの股間に背後から潜り込ませる。 「ああん!」...
湾曲させた中指の先端で、薄布の食いこんだ縦溝を船底から上へ向かってくすぐるように撫でる... 全ての指で秘唇の外縁に円を描き、なおも寧々の性感を探った。 我慢しきれない下半身が、もじもじと細かく蠢く。 「はうん、っく……。ああ、そうです、私、気持ちいいのぉっ」 湾曲させた中指の先端で、薄布の食いこんだ縦溝を船底から上へ向かってくすぐるように撫でる。...
二人がかりの狡猾な色責めに、骨が痺れ肉が溶ける... 「へえ、そうかい。なら続けさせてもらうぜ」 昌平の舌が再び動きはじめた。ヌルヌルになってしまった肉溝をベロリベロリと大きくなぞりあげ、舌先でチロチロと肉の真珠を転がす。膣奥をまさぐる指の動きは活発さを増した。ひねりを加えながら、ヌプッヌプッと大胆に抜き差しした。 「ひいッ、ひッ……ひいいッ」 ...
肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った... 昂奮を隠せなくなった俊輔は、ねっとりと弄ぶような手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った。 「はうううっ、あ、ああ、そ、そんな激しいっ……」 健康な女体が媚肉をいじられて、反応を示さぬはずがない。そ...