なにも考えまいと念じつつ、Tバックの巨尻を完璧にさらけだした。

「イヤッ。イヤよっ。アダルトビデオなんてイヤああっ」
比佐子は尻を振って哀願する。けれどスパッツを脱ぐ手はとめることを許されない。死ぬ思いで剥きおろしていく。途中、背後で口笛が鳴った。なにも考えまいと念じつつ、Tバックの巨尻を完璧にさらけだした。
「あ、ああっ……。これでっ……これで許してっ……あああっ!……」
比佐子は力尽き、テーブル上でがっくりと前のめりになった。期せずして四つん這いになってしまう。
「石原比佐子がスパッツの下にTバックとはな。おい、恥ずかしくねえのか。ジムで言いふらしてやろうか」
「言わないでっ。言わないでっ」
四つん這いの尻を振り立てて哀願するが、川添が追い打ちをかけた。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!

関連する言葉

安産タイプの腰づきや、尻の大きさがやたらと強調されてしまうのだ... ファッションモデルやグラビアアイドルを理想とするなら、加南子のスタイルはそれらの女性に遠く及ばないだろう。巨乳全盛の今にあってはバストはかなり貧弱だし、日本人女性に見られがちな、下半身が太めの体型をしている。平均体重からすれば痩せ型なのだが、ウエストが引き締まっていることもあり、安産タイプの腰づきや...
ムチムチと脂の乗った双臀は瞼からはみださんばかりのボリュームである... 尻穴をさらしたあとの靖代は、見るも無惨にぐったりした。胎児のように身を丸め、一人さめざめと泣いているのである。チャーミングな顔立ちは涙に濡れ、目が真っ赤に腫れている。時折りもれる嗚咽とともに、白い裸身が小刻みに震えた。 しかし恥辱に泣きくれるその裸身は、神々しいまでの被虐美に満ちている。ことに裸身...
それから女体を裏返し、美尻を上向かせる... 官能に火照った女体を対面座位から床へ放りだし、結合を解いた。それから女体を裏返し、美尻を上向かせる。恵里子は俯せで大の字だ。奥寺はシャワーソープの粘液を尻割れに大量に垂らした。女体がピクッと動いた。オレンジ色の粘液は尻割れに見るみる浸透していく。再び肉刀を右手にかまえ、今度は尻割れの中心へと突き刺し...
おっきなおっぱいと括れたウエスト、それにまあるいヒップ... 「おっきなおっぱいと括れたウエスト、それにまあるいヒップ……高校の同級生の女の子なんて比べものにならない迫力のボディに、驚いたんじゃない?」 彩香の台詞で、湯殿での映像が脳裏に呼び覚まされた。掛け湯をする時に脇から覗いた重そうに垂れる乳房、そして洗い場へと移動する時に眺めたむっちりとした双臀が、鮮...
動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている... 「そ、そんなっ……イヤッ……イヤよっ……」 びくついた声音が返った。 奥寺は後ろから体を密着させた。アナルバイブを膣洞に挿入しつつ、肉刀を美尻に突きつける。スレンダーな肢体がおののき、美尻が左右に打ち振られた。 「いい加減にあきらめな。こっちは明日の朝までかかったってかまやしないんだ」 「ほ...
いやはや丸出しにすると壮観、壮観。まるで大きな桃だ... 「いやはや丸出しにすると壮観、壮観。まるで大きな桃だ」 「ふぅっ、うぅ!」 前触れなく左右の尻肉に手のひらを乗せた堂本が、嬉しげに囁く。彼の指が、尻肉に痛みが奔らぬ絶妙な圧で食い入り、揉み捏ねてきた。 「白桃、いや、桜色に染まって食い頃の、熟れ桃といったところかな」 先程ぶたれた部位を男の指...
恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている... 「あ、あっ……イヤッ……もう許してっ……あううっ……」 恵里子が猥りがわしい姿勢で悲痛に喘いだ。魔手の動きに過剰反応するかのように、上下左右目まぐるしくキュートな美尻を揺らしている。 「まだまだ」と奥寺は告げ、両手で尻割れを開いていく。 「あっ。イヤですっ。イヤあああっ!」 「へえっ。意外に...
突き込むたびに、腰を打ち当てられた貴和子のヒップが波打つ... ズチ、ズチュ、ズチュン!激しい膣擦れの音とともに、勢いよく膣穴に突き刺さる肉棒。貴和子が自ら腰を使って抽送する比ではない。突き込むたびに、腰を打ち当てられた貴和子のヒップが波打つ。ボリュームたっぷりの尻肉が震え、揺れて、パンパンパン!乾いた打擲音さえ立てた。...
前後含めて三点から同時にもたらされる肉の疼きに、逃げ場をなくした真弓の尻が跳ね弾む... 機を見定めた堂本の舌が、汁濡れの陰唇を穿り広げ、割れ目の内へと突き入った。そして間髪容れずにジュルジュル、ひと際卑しい音を響かせての強烈な吸引。突き入る舌で膣肉を掻き混ぜるように擦りながら、染み出るそばから蜜汁を啜り飲む。尻穴と勃起クリトリスへの責めも緩まない。前後含めて三点から同時にもたらされる肉...
足元の佑二に向かって白い双臀を掲げる格好だった... 花穂子は腹這いの姿勢から、膝を立てて腰を持ち上げた。下半身を覆っていた布団が、肌からすべり落ちる。足元の佑二に向かって白い双臀を掲げる格好だった。突き出した腰に、佑二の視線を感じた。花穂子は羞恥のポーズを維持したまま喘ぎを吐いた。いっそ早く貫いて欲しいと思うが、佑二はなかなか女体にふれてこようとはし...