留美子さん、お口で呑み込んだだけじゃない……。次にはこの素敵な肉棒を挿し込んで、あそこの奥に射精させた

(だめよ……。それだけは絶対、だめ……)
すでに喘ぎ声をもらしている由美の思考は纏まりがない。ただ熟女の知恵が由美にある結論を与えていた。
(そうよ。お口も健太ちゃんが大好きな太ももも指もすべて使い、健太ちゃんが音をあげるまで、種ミルクを射精させればいいのだわ……。ああ、何度放てば安全なのかしら……。そのミルク、私、全部、呑み込まなくてはならないのね……)
初体験において、その相手である留美子は、放った健太の若ミルクを口で味わい、嚥下したという。
(留美子さん、お口で呑み込んだだけじゃない……。次にはこの素敵な肉棒を挿し込んで、あそこの奥に射精させた……)
それができない自分が情けない。しかし、健太に対する愛情は、誰よりも濃い、と由美は自負していた。
(私は体に受け入れることはできないけれど、何度放っても、私は健太ちゃんのミルク、全部、お口で受けて、一滴残らず、上の口から体内に受け入れてあげる……)
そう思い、濃厚なキスの余韻にうっとりとしている健太の顔を見上げた。目が潤んでいるようだった。視線が絡み合う。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。