食道に当たるほどに深く咥え込み、絶妙な強さでバキュームする

美波がいやいやするように腰をくねらせた。頭を上げてぺとりと淫部に唇に押し付けると、すかさず舌を伸ばして、陰唇の合わせ目を探る。舌を左右にジグザク動かして女陰に割り込ませると、とろりと熱い滴りが流れ落ちてくるのがわかった。
(うううっ……ちえりちゃん、フェラチオが上手すぎる……)
舌の裏側や頬の内側のつるつるとした部分で、亀頭を優しく刺激したかと思えば、食道に当たるほどに深く咥え込み、絶妙な強さでバキュームする。男心を翻弄する熟練テクニックに耐えるには、それ以上の刺激が必要で、その矛先が美波へと向かってしまったというわけだ。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!