こんどは唇をぴったり密着するようにかぶせながらじょじょに呑み込んで、亀頭だけを回しなめる

その先は恥ずかしくて言えないのか、チュッ、チュルッ、彩菜の唇がキスを繰り返すと、また肉棒を亀頭から呑み込んでいく。
「んー、ぅぅ」
こんどは唇をぴったり密着するようにかぶせながらじょじょに呑み込んで、亀頭だけを回しなめる。
フェラチオしながらコク、コクッ、と頭を振ると、彩菜の長いポニーテールがフルフル揺れた。
セーラーカラーからのぞいた、うなじから背中へ続く肌に、目が引き寄せられる。
伏せた睫毛も小さく震えている。肉棒を呑み込んではまた吐き出す、濡れ光るピンクの唇。頬もピンクに染まって……

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。