割れ目の奥が健太の生身の肉棒を欲しがり、痙攣のような蠢きを繰り返していた

「ママ、バイヴ入れる前に、僕、ママのおま×こっ、うんと舐めしゃぶりたい……」
「あああ、健太ちゃん……そ、そんな……。それなら、ママも健太ちゃんのお魔羅、お口で……。ああ、ママにも健太ちゃんのお魔羅、ちょうだい……」
「だめだよ、ママ……。そんなことされたら、僕、すぐに出ちゃう……。フェラは後でして……。まずは僕が……」
由美は拒めなかった。今はひたすら、濡れそぼる淫裂に強烈な刺激が欲しかった。
「ひぃぃーっ、あああ、健太ちゃんが、私の恥ずかしいところに、ああ、舌を……」
甘い声で鳴きながら、由美は健太の唇が淫裂の縁に触れた瞬間、自ら腰を突き上げ、舌を催促しているようだった。
(ああ、健太ちゃんの舌の、ざらつきが……)
義母としてはあるまじき行動だった。由美は割れ目のあちこちを這い回る健太の唇と舌を追い、尻を振り、より一層の愉悦を求めて、雌の本性を露わにしていた。
「ママ、気持ち、いい?」
割れ目に口技を駆使しながらの健太の声がくぐもっていた。
「ああ、いい、いいのぅ……。ママ、ああ、気が遠くなる……」
これでバイヴを挿入されたのではひとたまりもなかった。
(でも、私が本当に欲しいのは……健太ちゃんの生魔羅なのに……)
受け入れてもいいような気がしていた。というよりは、割れ目の奥が健太の生身の肉棒を欲しがり、痙攣のような蠢きを繰り返していた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。