あらあら、赤城夫人ともあろうお方が、お尻から真珠のネックレスを生やして。こんなにザーメンをこぼして……売り物の高級ベッドが染みだらけですよ

北都凛

冷ややかな瞳で令夫人の顔を覗きこみ、制服姿のままベッドにあがりこむ。そして足首を鷲掴みにすると、いきなり左右に開きはじめた。
「あっ、ちょっとなにするの?や、やめなさい!」
散々嬲られたせいで力が入らない。下肢はあっという間に割られて、凌辱の痕が残る股間を晒されてしまう。
「あらあら、赤城夫人ともあろうお方が、お尻から真珠のネックレスを生やして。こんなにザーメンをこぼして……売り物の高級ベッドが染みだらけですよ」
「いやっ、聞きたくないわ……」
わかりきっていることだが、あらためて指摘されると羞恥が募る。しかも同性の目で凝視されるのはつらすぎた。
「お願いだから、見ないでちょうだい……うっぅぅっ」
顔を真っ赤にして恥じらう京子だが、ふいに肩を震わせて嗚咽をもらす。
(あんまりだわ……女に嬲られるなんて耐えられない……もう、いやよ)
終始強気を貫いてきたが、若い女の前で晒し者にされて弱気になってしまう。肉体的にはもちろん、精神的にもいよいよ限界が迫っている証拠だった。
「理彩、ご婦人を慰めてさしあげろ」
追い打ちとばかりに神谷が命じると、理彩は「はいっ」と愛らしい声で返事をして股間に顔を埋めてくる。そしてピンク色の舌を伸ばして、ザーメンがべったり付着した恥裂を舐めあげるのだ。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!