身体全体が熱くなるのを感じながら、女子高生のFカップを凝視する

しかし、それだけなら、他社の高級ランジェリーでも目にすることができる。玲子の求める過激さは、やはりカップに表現されていた。遊園地では縦のラインによって乳輪と乳首を隠していたが、今回は横のラインだ。そのラインだが、遊園地の時のものより細い。雅也は身体全体が熱くなるのを感じながら、女子高生のFカップを凝視する。すると乳房の中心に、ブラのグリーンとも、素肌の白さとも異なる〝第三の色〟が存在するのを見て取った。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。