姉のEカップと、妹のFカップは、何にも隠されていなかった

ランジェリーを見なければならないとは分かっていても、雅也の視線は二人の胸元に集中してしまう。姉のEカップと、妹のFカップは、何にも隠されていなかった。ブラジャーはワイヤーこそはあるが、それはバストを素通りしてしまっている。カップが全く存在しないのだ。それだけではノーブラと変わらないが、バストの下を支える部分だけは存在している。いわば、ブラジャーが姉妹のバストを手で持ちあげているような感じだ。姉妹の乳首と乳輪が、丸見えになっている。雅也は血走った目を走らせる。詩織のバストは、この間に見た通りだ。乳輪も乳首も淡いピンク色で、乳首は華奢で可憐な風情をしている。一方、妹の方は、表面的なキャラクターとは正反対だった。色は情熱を感じさせる赤。乳輪の面積は小さいし、乳首も幅は細いが、突起の具合はかなりのものだ。まさに「吸って下さい」と卑猥に懇願しているような雰囲気を持っている。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。