詩織のEカップを触って初めて、加奈子のFカップが柔らかいのだと理解できた

雅也は目を見開き、両手をヴァイオレットのブラジャーの方へ伸ばしていく。乳房の周囲はワイヤー入りの生地で覆われているため、雅也の指はバストの中心部を触る形になった。指が、むにゅっ、と入っていこうとした瞬間、すぐに素肌がはじき返した。詩織のEカップを触って初めて、加奈子のFカップが柔らかいのだと理解できた。つまりセクシーな女子大生のバストは、弾力が抜群なのだ。揉めばたちまち、ぽにょん、と弾む。女子高生のバストの場合は、ぷるんと揺れるから、姉妹は対照的なバストの持ち主だった。夢中で指を動かそうとすると、今度は先が乳首に触れる。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。