彼の両脚が左右それぞれ女体の胸の下に滑り入り、隆起していた乳首を、膝を用いて摺り捏ねる

前に伸ばされた彼の両脚が左右それぞれ女体の胸の下に滑り入り、隆起していた乳首を、膝を用いて摺り捏ねる。喜悦に急き立てられ、肉棒を吐き出した真弓の喉が鳴く。初めてまともに愛撫された乳突起が、白布を突き破らんばかりに隆起してウズウズしていた。喘ぎを吐き出す口腔が、自然と大きく開いてしまう。横目に見れば、ナミも全く同様の姿勢を取っていた。尻を振り餌を待つ飼い犬みたいだ──自虐的な比喩を思いつき、真弓はさらに渇いた喉を差し出す。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!