競うように二つの舌がペニスを掃き舐め、上に下にと行き来する

躾けられた通りに、竿に口づけながらねだり乞う。競うように二つの舌がペニスを掃き舐め、上に下にと行き来する。挟み支えられた肉竿が、限界間近の砲台を震わせた。開いた射出口から滴る先走りの量も目に見えて増す。ほとんど同時に予兆を嗅ぎ取った二つの舌が亀頭に巻き付き、カリ首を擦る。やはり計ったように左右それぞれの玉袋を分け合った牝二匹の手がやんわりと揉み捏ね、最後の一押しをする。潤み惚けた顔が二つ、開いた口蓋を捧げ居並ぶ。その時を待ちわびていたかのように、女達の舌の間で肉幹が弾んだ。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!