顔が湯につくほどに腰を前傾させると、艶めかしく張りつめた大きな尻をゆっくりと健太の目の前に掲げはじめていた

留美子は浴槽の縁に両手をついたまま健太に振り返り、おもむろに乳房を浴槽の中に沈み込ませた。顔が湯につくほどに腰を前傾させると、艶めかしく張りつめた大きな尻をゆっくりと健太の目の前に掲げはじめていた。
「留美子さん……す、凄いです……。大きなお尻の割れ目から、び、びらびらが、のぞいてます……。ぼ、僕、そこにキス、したい……。い、いいですか」
「ああん、びらびらがのぞいているなんて、そんなこと言わないの……。恥ずかしい、でしょう……。それに、そこにキスしたいだなんて……。ああ、健太くんったら、まだ初体験前なのに、はぁぁっ、大人みたいなこと言って……」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。