ひと刷毛墨でそっと刷いたかのような、淡い翳り

熟女の裸身を舐め回すように下降した啓太の視線は、抉れるような細腰から、とうとう腿のつけ根へとフォーカスする。髪の毛は明るい栗色なのに、秘丘を彩る妖しい茂みはしっとりと濡れた黒色であった。恥毛の繁茂量はさほどでもなく、ひと刷毛墨でそっと刷いたかのような、淡い翳りが逆に生々しくセクシーである。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!