花穂子は相貌を前に進め、肉棹を含んでいった

居たたまれない感情と、恥ずかしさが急速に高まる。花穂子は視線を逸らしてから、紅唇を開いた。亀頭を口のなかに迎え入れる。
(なんて立派なの。先端だけでも、おくちのなかがいっぱいになる)
呼吸さえ出来なくなる野太さだった。口腔を埋め尽くす感覚は、そのまま佑二に対しての畏怖と従属に繋がる。花穂子は相貌を前に進め、肉棹を含んでいった。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!