響子はひくつく肉鈴を、ねろり、ねろりと舐め上げて

「フフ、気持ちいいでしょ?男の人って、おちんちん舐められるの大好きよね」
なおも根元を掴んで、リズミカルに扱きながらであった。溶けかけたソフトクリームでも舐めるような性急さで、響子はひくつく肉鈴を、ねろり、ねろりと舐め上げて、ドロドロとした唾液まみれに変えていく。ざらつく舌が擦れるたび、甘い煮沸感が過敏な肉肌から火を噴く強さで閃いた。佳織のフェラチオも死ぬほど心地よかったけれど、この人の舌奉仕もまた、慄然とするような快さを啓太のペニスに注ぎ込む。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!