肉厚な唇を根元に向かってじりじりと下げていった

島育ちの無邪気な少女は、宣英の快感を引き出そう、引き出そうとするかのように、肉厚な唇を根元に向かってじりじりと下げていった。ちゅぷっ、ちゅぱっ、ちゅぷぷっ。卑猥な水音を鳴らしながら、たっぷりと時間をかけて男根の付け根までたどり着くと、今度はゆっくりと亀頭に向かって戻っていった。同時に、添えた右手の親指と人差し指とで作った輪もじっくりとずらしていくためにわずかな時間差で快感が襲ってくる。残された唾が赤黒く怒張した陰茎をぬらりと妖しく光らせ、淫猥な唾の匂いが辺りに漂っていく。柔らかい唇が通り過ぎたと思ったその次には、すかさず細い指先での刺激が待ち受けている。寄せては返す波のような愉悦に、ペニスが爆発しそうに充血してしまう。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!