わたくしのお尻の……穴を弄って下さい。きちんと締め上げますから

「佑二さん、わたくしのお尻の……穴を弄って下さい。きちんと締め上げますから」
言われた通りの台詞を口にする。不浄の箇所を自ら弄るよう請う恥ずかしさは、ひとしおだった。全身から汗が噴き出した。
「うん。ママのお尻の穴、やさしくまさぐってあげる」
少年の細指が、窄まりの表面を捏ね回し、そして内に差し入れられる。括約筋がきゅっと収縮し、野太い勃起を食い締めた。
「あ、あううっ」
花穂子から望んだとあって、佑二はズブズブと奥まではめ込んでくる。ペニスの埋め込まれたままの膣穴にまで、挿入の感覚が伝わった。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!