彩香はぐぐっと唇をすべらせて、温かな口内粘膜で肉棹の付け根部分まですっぽりと覆い尽くす

(彩香さん、呑んでくれてる)
コクン、コクンと嚥下をする音が聞こえた。佑二は試しに彩香の後頭部を指で押してみた。彩香はぐぐっと唇をすべらせて、温かな口内粘膜で肉棹の付け根部分まですっぽりと覆い尽くす。
(彩香さん、さっきより深く呑み込んでる。喉の奥まで完全に届いてる)
頬の内側や舌とは異なるコリコリとした感触が、亀頭に当たっていた。信じられないと思いつつ、佑二は年上女性の口唇愛撫に身を委ねた。彩香は相貌をゆすって、根元部分での出し入れをしつこく繰り返した。喉元でペニスの先端を刺激しながら、尿道口から滲み出る先走りの体液を、口全体を窄めてちゅうっと吸い出す。鼻孔から漏れた彩香の吐息が、佑二の下腹や鼠蹊部に当たっていた。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!